大西宏

ビジネスラボ代表取締役。自称「マーケティングの棟梁」

.
終わった感を深めた民主党代表質問

終わった感を深めた民主党代表質問

政策のビジョンも掲げることもできないままに、漂流し始め、政権へのクレーマーに堕ちたという印象を深める海江田代表の代表質問だったと感じた人が多いのではないでしょうか。
2014年10月03日 11時36分 JST
境界がゆらぎ崩れていくなかで葛藤が起こっている時代

境界がゆらぎ崩れていくなかで葛藤が起こっている時代

『レイヤー化する世界』は、歴史の流れを遠くの視点から俯瞰し、かなり先鋭に今後の変化を示したものですが、さまざまな時代を切る視点のひとつとして頭のなかの貯金箱に入れておくためにオススメしたい一冊です。
2013年06月21日 17時28分 JST
4Kでは家電も放送局も復活しない

4Kでは家電も放送局も復活しない

経産省と総務省がからんでいるから4Kテレビが話題になるのでしょうか。映画館のデジタル化の規格というのならわかるのですが、それが家庭用のテレビとなると、たんなる要素技術にしか見えません。それで利用目的が変わるとか、生活が変わるというビジョンがまったく見えて来ません。これで日本の家電復活の救世主とはシナリオがお粗末すぎるのではないかと感じます。
2013年06月18日 20時27分 JST
アベノミクス成長戦略はお手並み拝見という感じでしょうか

アベノミクス成長戦略はお手並み拝見という感じでしょうか

少し前に、アベノミクスは我慢比べになってくるだろうと書きましたが、はや我慢比べの局面にはいってきたのではないでしょうか。成長戦略の第3弾に市場が失望したのか、はたまた材料がでつくしたと見たのか、他に原因があるのかはわかりませんが、株価が大きく下がってしまいました。
2013年06月06日 17時31分 JST
悪化した世界の中国国家イメージ。日本も要注意

悪化した世界の中国国家イメージ。日本も要注意

海洋利権を強硬に主張すればするほど、ナショナリズムを煽ることはでき、高まる国内不満のはけ口にはできたとしても、それは両刃の剣になって、中国の国際イメージに悪影響は免れず、やがてボディブローのように経済にもマイナスに働いてきます。
2013年05月29日 18時39分 JST
厚労省の動きで「成長戦略」の本気度も見えてくる

厚労省の動きで「成長戦略」の本気度も見えてくる

一般用医薬品1類、2類のネット販売については、一律禁止を違法で無効だとした最高裁判決があったのを受け、厚労省は解禁せざるを得なくなり成長戦略として今月中にもまとめるといいます。しかしどうなるのでしょうね。だまって解禁するほど厚労省は馬鹿ではありません。
2013年05月24日 17時46分 JST
なんとか黒字決算をつくったSONYだけど、どこに向かう?

なんとか黒字決算をつくったSONYだけど、どこに向かう?

SONYは、しっちゃかめっちゃか事業を拡散させ、いったい何屋さんなのかがわからなくなって、挙げ句の果ては今日では最悪な「総合」という冠まで頂いてしまったのですが、そろそろ事業と事業、技術と技術の組み合わせで、新しいコンセプトをもったあっと驚く製品やサービス、また市場を創造していく戦略が求められてきているのではないでしょうか。
2013年05月19日 18時45分 JST
スマートフォンが百均ショップに並ぶ日がやってくるのかもしれない

スマートフォンが百均ショップに並ぶ日がやってくるのかもしれない

悪いことにサムスンは「イノベーター」となることを夢見ているのです。それは日本の家電が歩んできたいつかきた道と重なって見えてきます。はや成熟してきた製品に求められるのはあっと驚くような新しい製品概念を創造する「リ・インベンション」ですが、それは「ファスト・フォロワー(機敏な追随者)」には荷が重いチャレンジです。
2013年05月16日 00時04分 JST