profile image

杉本穂高

映画ブロガー・ライター

1981年、神奈川生まれ。日本映画学校出身。映画ブロガー・ライター。アメリカで日本映画の配給業務に携わったのち帰国。次世代の映像メディアとビジネスについて考えるブログ「Film Goes With Net」の管理人。 元アミューあつぎ映画.comシネマ支配人 Blog: Film Goes With Net Twitter: @hotakasugi facebook: Hotakasugi 連絡先: productionrif.raf@gmail.com
名匠ケン・ローチが『家族を想うとき』で問う「私たちにとって仕事とは何なのか」 Joss Barratt, Sixteen Films 2019/© Sixteen SWMY Limited, Why Not Productions, Les Films du Fleuve, British Broadcasting Corporation, France 2 Cinéma and The British Film Institute 2019

名匠ケン・ローチが『家族を想うとき』で問う「私たちにとって仕事とは何なのか」

『わたしは、ダニエル・ブレイク』で二度目のパルム・ドール受賞、是枝裕和監督が師と仰ぐ、名匠ケン・ローチ。その右腕ともいえる脚本家、ポール・ラヴァティ氏に話を聞いた。
2019年12月14日 17時00分 JST