profile image

杉本穂高

映画ブロガー・ライター

1981年、神奈川生まれ。日本映画学校出身。映画ブロガー・ライター。アメリカで日本映画の配給業務に携わったのち帰国。次世代の映像メディアとビジネスについて考えるブログ「Film Goes With Net」の管理人。 元アミューあつぎ映画.comシネマ支配人 Blog: Film Goes With Net Twitter: @hotakasugi facebook: Hotakasugi 連絡先: productionrif.raf@gmail.com
【明日、ママがいない最終回を迎えて】 誰も傷つけない表現はなく、誰も救わない表現もまたない Taichiro Yoshino

【明日、ママがいない最終回を迎えて】 誰も傷つけない表現はなく、誰も救わない表現もまたない

『明日、ママがいない』、予定していた全9話の放送が終了しました。第一話放送終了時点で多くの言及がなされ、その後も毎週のようにこのドラマについて書かれた文章を見ない週はないというほどに大きな騒ぎの中で放送が続きました。もはや作品そのものが持つ厚みよりも周辺情報の方が分厚いような状況だったと言えるかもしれません。
2014年03月16日 23時32分 JST
市と民間共同で映画館を再生。厚木市に『映画.comシネマ』4/26オープン 映画.comシネマ

市と民間共同で映画館を再生。厚木市に『映画.comシネマ』4/26オープン

神奈川県厚木市が旧パルコ跡地にオープンする商業施設「アミューあつぎ」内に映画館「映画.comシネマ」がに誕生します。2008年に閉店した旧厚木パルコビルの跡地にオープンするアミューあつぎは、地下1階~地上4階が商業施設、地上5~8階が公共施設「あつぎ市民交流プラザ」、9階が映画館となります。
2014年02月24日 21時52分 JST
文化の創作過程を保存する脚本アーカイブズの意義 日本放送作家協会

文化の創作過程を保存する脚本アーカイブズの意義

2/11に日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム事務局の主催する「脚本アーカイブズ・公開記念シンポジウム」に参加してきました。日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアムは、映画やテレビ、舞台の制作の設計図とも言うべき脚本・台本を後世に継承していくために2003年に発足した団体。当時、日本放送作家協会の会長だった故・市川森一氏の呼びかけで始まり、現在は岸辺のアルバムなどで知られる脚本家の山田太一氏が会長を務めています。
2014年02月15日 18時39分 JST
コンテンツ消費の本質は背景の肩書きやストーリー消費なのか否か Michael Ochs Archives via Getty Images

コンテンツ消費の本質は背景の肩書きやストーリー消費なのか否か

佐村河内守氏の騒動を聞いて、上記のイル・ポスティーノの感動体験を思い出していました。佐村河内守氏(新垣隆氏が実際には作曲)のCDは最近のクラシックの世界では相当に大ヒットしていたそうで、しかし新潮45で作曲家の野口剛夫氏が指摘したように、音楽の質として「大したことない」とも一部で言われています。しかし、事実多くの人が感動しています。
2014年02月10日 22時27分 JST
「ラッシュ/プライドと友情」レビュー、リスクコントロールの信念が観る者を感動させる希有な作品 HUFFPOST

「ラッシュ/プライドと友情」レビュー、リスクコントロールの信念が観る者を感動させる希有な作品

素直に心打たれた。レースシーンの迫力と熱い人間ドラマ。全米では9月の公開だったためか、オスカー候補になっていませんが、非常に力のある作品だと思います。舞台は1976年のF1シーン。水と油のような対照的な2人の天才ドライバーを中心に展開された史上最もドラマチックなシリーズとなったグランプリを描く本作。
2014年02月03日 22時25分 JST