profile image

山口巌

ファーイーストコンサルティングファーム代表取締役

.
旧インデックスの落合正美会長、小川善美社長に望む事

旧インデックスの落合正美会長、小川善美社長に望む事

同社については、大分以前より関連会社間で実態のない取引を繰り返す、「循環取引」が行われていると噂されていた。更に、昨年には証券取引等監視委員会が強制調査に入っており、今回の逮捕も想定の範囲内の出来事である。
2014年05月30日 00時40分 JST
就活生に必要な洞察力とは?

就活生に必要な洞察力とは?

私事で恐縮だが、最近古くからの友人に相談があるという理由で食事に招待された。面倒臭い話は正直余り好むところではないが、そうかといって無下にも出来ず、結局会って話を聞いて来た。
2014年05月25日 22時57分 JST
自衛隊は戦争する軍隊になるのか?

自衛隊は戦争する軍隊になるのか?

「自衛隊は戦争する軍隊になりますよ」安倍首相のブレーン・岡崎久彦氏に聞く集団的自衛権を拝読。文句なしの良記事と思う。この記事は、結果として日本国内に「日本の領土と日本国民の生命と財産は自衛隊が守る」と考える層と、「いや、日本には平和憲法があるので国防は従来同様アメリカに丸投げすれば良い」と考える今一方の層が存在する事を図らずも焙り出した。
2014年05月21日 16時09分 JST
レッドラインを越えようとしている中国

レッドラインを越えようとしている中国

中国の近況を理解するために三つの記事を紹介したい。第一は、BBCが伝えるChina-Vietnam tensions: Beijing vows to continue drillingである。ベトナム国内で反中暴動が発生し、一方アメリカも中国に自制する様に警告しているにも拘わらず、これを無視して中越対立の原因となっているベトナムが本来ベトナム領であると主張する西沙諸島付近に石油掘削用リグの設置を中国は強行すると説明している。
2014年05月17日 16時01分 JST
地方は疲弊を飛び超し消滅するのか?

地方は疲弊を飛び超し消滅するのか?

日経新聞記事、自治体、2040年に半数消滅の恐れ 人口減で存続厳しくが話題になっている。小泉政権末期には「地方の疲弊」を野党が政権攻撃の材料に随分と利用したと記憶している。
2014年05月12日 22時28分 JST
南シナ海がきな臭い件について

南シナ海がきな臭い件について

ここに来て南シナ海が随分ときな臭い。元々南シナ海の領有権を巡り中国と東南アジア諸国の緊張は高まっており、一触即発の状況といっても良いだろう。
2014年05月09日 20時11分 JST
若者は何故就活に失敗するのか?

若者は何故就活に失敗するのか?

晴天に恵まれた今年のゴールデンウイークももう直ぐ終了する。就活開始から半年弱、慣れない、気苦労の多い日々を過ごさざるを得なかった就活生に取っては束の間の骨休めになった事であろう。とはいえゴールデンウイークが終われば以前の生活に戻らねばならない。近い内に内定が取れれば良いが、そうでなければ周りの友人は次々に内定が決まっているのにと一人落ち込む事となる。
2014年05月06日 14時20分 JST
小保方氏記者会見

小保方氏記者会見

折角だから小保方氏記者会見をニュースで視聴した感想を備忘録として残しておく。飽く迄、テレビで小保方氏記者会見のダイジェストを見ての個人的な印象に過ぎない事はいうまでもない。
2014年04月09日 23時38分 JST
日本に完敗した韓国外交

日本に完敗した韓国外交

未だに日米韓首脳会談を報じたBBC記事と一緒に配信された写真を印象深く覚えている。真ん中のオバマ大統領は、それなりに満足している表情である。安倍首相は心の中の霧が晴れたといわんばかりの満面の笑みである。一方、日米首脳とは対照的に朴大統領の顔はこわばって見える。
2014年03月28日 16時31分 JST
漂流する世界

漂流する世界

朝日新聞が伝えるところでは、ロシアのG8参加を停止 G7がハーグ宣言採択との事である。ロシアによるクリミア併合が既に規定事実化している状況下で、そうはいっても指を咥え只管傍観する訳にもいかず、取り敢えずG7各国指導者が轡を並べ反ロシアのポーズを取ってみたというところであろう。
2014年03月25日 22時54分 JST
小保方晴子氏のSTAP細胞関連騒動が焙り出した大学の構造問題

小保方晴子氏のSTAP細胞関連騒動が焙り出した大学の構造問題

小保方晴子氏のSTAP細胞関連騒動について、をハフポストに発表してから4日が経過した。論点を明瞭にするために敢えて飛ばし気味に書いた積りだったが、その後直ぐに早大で次々に「論文コピペ疑惑」が浮上 小保方氏は先輩の手法を見習った?、の様な記事がネットを席巻し、私が主張した様に今回のSTAP細胞関連騒動が小保方晴子氏の個人的な問題で無い事が国民の認識になりつつある。
2014年03月21日 01時13分 JST
小保方晴子氏のSTAP細胞関連騒動について

小保方晴子氏のSTAP細胞関連騒動について

保方晴子氏は弱酸などの外部刺激で体細胞を初期化することにより、胎盤組織を含む全ての生体組織分化できる多能性を持った細胞(STAP細胞)の作製方法を世界で初めて世界的に権威のある学術雑誌『Nature』誌2014年1月30日号に発表した。
2014年03月16日 17時53分 JST
東北復興に至るのは細くて長い棘の道

東北復興に至るのは細くて長い棘の道

3.11から3年が経過した。予想した様にテレビは特番を組み、ネットにも3.11の特集が溢れている。その多くはセンチメンタルなものであり、被災者の境遇に同情するというものが多い様に思う。確かに放置すれば風化してしまうかも知れない3.11を、マスコミやネットが集中的に取り上げる事で今尚厳しい状況に放置された被災者の日常に日本中が改めて注目するというのは決して悪い話ではない。
2014年03月13日 16時13分 JST