山口一男

シカゴ大学教授・経済産業研究所客員研究員

1946年生まれ。総理府勤務を経て1981年シカゴ大学社会学博士。コロンビア大学助教授、UCLA准教授を経て、1991年よりシカゴ大学社会学科教授。2003年より経済産業研究所客員研究員を兼任。米国社会情報研究所(ISI)より1980-1999年に社会科学一般の部で学術論文が最も引用された学者の1人に認定される。専門は就業と家族、社会的不平等。日本語著書に『ダイバーシティ―生きる力を学ぶ物語』『ワークライフバランス―実証と政策提言』などがある。
PBEMを排し、EBPMを促進すべきである

PBEMを排し、EBPMを促進すべきである

問題のある政策を政権が推し進めようとするときに、それに歯止めをかけられるのも官公庁の重要な役割である。そしてその基礎となるべき合理的判断の重要な土台がEBPMだ。
2019年01月15日 10時07分 JST