profile image

畑恵

作新学院理事長、学術博士[科学技術政策](Ph.D. in Science Policy)、“Galerie du Temps”代表、元参議院議員、元NHKキャスター

スキャスターとしてテレビ朝日系「サンデー・プロジェクト」はじめ、複数の報道番組を担当。 1992年、EC(現EU)の招聘を機に、パリ留学。『ESMC(文化高等経営学院)』にて文化政策・文化マネージメントを、『レコール・ド・ルーブル』にて美術史を学ぶ。 1995年、参議院議員(~’01)。 2000年、作新学院副院長就任。 2001年、お茶の水女子大学大学院後期博士課程入学。 2003年、“GalerieduTemps(ギャルリー・デュ・タン)”を南青山に開設。 2008年、お茶の水女子大学大学院後期博士課程修了[博士号(Ph.D.inSciencePolicy)取得]。 2013年、作新学院理事長就任。
「有志竟成」に誓う

「有志竟成」に誓う

ノーベル賞を受賞されたお祝いを申し上げに、本庶佑先生を京都大学の研究室にお訪ねしました。
2018年10月25日 11時05分 JST
議員の本懐を問う

議員の本懐を問う

我が身を削ってでも財政再建を果たすべき国会議員が、自分たちの議席を増やし更なる財政負担を国民に強いている。
2018年07月20日 21時09分 JST
新春を寿ぐ銘菓~亀末廣『京の十二月』〔後編〕

新春を寿ぐ銘菓~亀末廣『京の十二月』〔後編〕

十一月の銘は「高雄」。 神護寺や高山寺など名刹を抱く京都・高雄は、日本有数の紅葉の名所。 ということで、真っ赤に色づいた楓葉が折り重なるように八枚。 その下には、かわらけ投げで名高い神護寺のミニかわらけが、やはり八枚。 かわらけは素焼きの小
2018年02月09日 16時04分 JST