profile image

倉本圭造

経営コンサルタント、経済思想家

大卒でマッキンゼー入社。そこで「グローバリズム的思考法」と「日本社会の現実」との大きな矛盾に直面し、両者をシナジーする一貫した新しい戦略の探求を開始。社会の真のリアルを見るため時にはホストクラブやカルト宗教団体等にまで潜入した後独立。企業単位のコンサル仕事に加え、「普通のオジサンが作った革新的エコ系新事業」や「絶望的ニートの再就職」など、「個人の奥底からの変革」を支援。著書情報はこちらへ
震災あってよかったね!ってぐらいになろう。

震災あってよかったね!ってぐらいになろう。

毎年1月17日になると、メディアが沢山取り上げてくださることもあって、震災のことを思い出すことになります。とはいっても311の方ではなくて、20年前の阪神淡路大震災のことですね。
2015年01月17日 01時12分 JST
「朝日新聞的なもの」にトドメを刺すための出口戦略(後編)

「朝日新聞的なもの」にトドメを刺すための出口戦略(後編)

朝日新聞批判にかぎらず、20世紀型のリベラルのありようが機能不全状態にあることは多くの人が気づいているはずです。その「行き場のない思い」を全力で受け止めてくれる局面が、本記事のような方向性にはありますよ。万国のリベラリストよ、団結せよ!
2014年12月02日 15時57分 JST
朝鮮海峡デカップリングが日韓関係改善のカギかも。

朝鮮海峡デカップリングが日韓関係改善のカギかも。

最近、日韓関係を本質的に改善するには、現代人の薄皮一枚の意識を覆っている「意識の高い議論」だけじゃダメで、普通のオッサンオバサンの本能レベルに染み込んだ「東アジア人の歴史的本能」から考え直すべきじゃないか・・・というようなことを考えています。(この記事からもう4回めになってますが、この記事単体でも読めます)で、そのためには「朝鮮海峡(対馬海峡)デカップリング」的なものが必要なんじゃないかと。
2014年09月14日 10時37分 JST
日本女性がイキイキ(というよりキャピキャピ?)働ける社会とは

日本女性がイキイキ(というよりキャピキャピ?)働ける社会とは

以前、日本に住んでるアメリカ人の友人が、「日本の奥さんは絶対権力を持っている」と冗談めかして言ってた・・・という記事をネットに書いて、結構な評判になったことがあります。彼と彼の奥さんがふたりとも私の妻の大学時代からの友人で、言葉の問題で話し相手がいなくて寂しがってる・・・というので三重県の山奥まで会いに行った時に、彼ら3人の若いころが写っている大学時代の写真のアルバムを見ている時に出た話なんですけど。
2014年09月01日 11時12分 JST
朝日新聞的なものにトドメを刺すための出口戦略(前編)

朝日新聞的なものにトドメを刺すための出口戦略(前編)

今年のお盆は実家の神戸に帰っていたんですが、今回は珍しく妻が用事で帰れず一人で帰ったので、「ワルそうな奴はだいたい友達」みたいな生き方をしてる地元の幼馴染と飲みに行ったりフットサルをしたり、母親と最近のオバチャン友達グループの中の流行について時間をかけて詳しく聞いたり・・・することになりました。
2014年08月26日 15時15分 JST
あくまで憲法を守りたいリベラルのあなたへの手紙

あくまで憲法を守りたいリベラルのあなたへの手紙

集団的自衛権に関する憲法解釈変更の閣議決定があってから、テレビのニュースや新聞が、そしてツイッターやブログが、まるでこの世の終わりが来たかのような論調が爆発していて、私も自称リベラル派の一員として、逆に危機感を覚えています。
2014年07月03日 18時50分 JST
サッカー日本代表の敗因はアドレナリン過剰?

サッカー日本代表の敗因はアドレナリン過剰?

今回はより詳しく前回のコートジボワール戦についての話と、サッカー代表チームだけに限らず最近の日本の「組織マネジメント」における「アドレナリン過剰」の問題について詳しく考えてみます。
2014年06月19日 11時11分 JST
サッカー派と野球派はなぜ仲が悪いのか?

サッカー派と野球派はなぜ仲が悪いのか?

サッカーというのは不思議なスポーツで、ワールドカップに出てない年でも、期間中はお祭り騒ぎになるほどに人気な国があるかと思えば、逆に特にアメリカ人なんかはいまだに、「ワールドカップ?ああ、やってるらしいね。ところでアメリカって出てるんだっけ?(最近ずっと出てますよ!)」的な人が結構いたりする人気の偏在っぷりが特徴です。
2014年06月17日 18時51分 JST
任天堂ゲーム文化からのドラえもん的希望=妖怪ウォッチを応援したい

任天堂ゲーム文化からのドラえもん的希望=妖怪ウォッチを応援したい

ワールドカップ始まったし、「サッカー文化と野球文化の違い」はどういうところにあって、その両方に強くなろうとしている日本のあるべき姿とか、サッカー文化とは人類にとって何なのか?といった大きな話まで、連続で文章を書いてみようと思っていたのですが。その手始めに、時にネットで喧嘩のネタになるという意味において、サッカー文化と野球文化との対立は、ソニー製ゲーム機VS任天堂ゲーム機的な対立感情に似ている部分があるな・・・などと考えていたら、最初はまず全然違う話題からはじめることになりました。
2014年06月15日 17時56分 JST
アメリカ人『日本の女性は絶対権力を持っている』?

アメリカ人『日本の女性は絶対権力を持っている』?

前回、ゴールデンウィーク中に半日話し込んだ「非常に政治的なアメリカ人青年との対話」についての記事を書きました。そういう「政治的」な話以外で彼との対話で一番面白かったのは、「日本の女性は(意外にも?)凄い権力を持っている」という話でした。その話は、彼ら夫婦(と私の妻)の若いころが写っている大学時代の写真のアルバムをみんなで見ている時に出たんですけど。
2014年05月16日 06時30分 JST
オバマ的・朝日新聞的理想とネット右翼さんの願いが直結する日

オバマ的・朝日新聞的理想とネット右翼さんの願いが直結する日

ゴールデンウィーク中に、かなりポリティカル(政治的)なアメリカ人青年とまるまる半日話し込む機会があったんですよ。日本語で「政治的」って言うと陰謀溢れるタヌキおやじみたいな印象ですけど、ここで言うポリティカルっていうのはいわゆる「意識高い系」というか、大真面目に大上段な議論が好きなタイプのアメリカ人っていうことですね。
2014年05月10日 09時29分 JST
アメリカに『完璧』を求める情けない態度はもうやめよう。

アメリカに『完璧』を求める情けない態度はもうやめよう。

オバマ大統領が日本を、そして韓国を始め東アジア諸国を歴訪していることが連日のニュースになっています。中でも日本国内で大きなニュースになったのは、尖閣問題について安全保障条約の適用範囲内だと大統領が公式に述べたことでした。(アメリカ国内では意図的なのか何なのかほとんど報じられなかったそうですが)
2014年04月26日 23時55分 JST