profile image

安藤健二

ハフポスト日本版・オールラウンドエディター

ハフポスト日本版/オールラウンドエディター。1976年埼玉県生まれ。産経新聞社、フリーランス、ライブドア、ドワンゴを経て現職。著書に「封印作品の謎 テレビアニメ・特撮編 」(彩図社)など。
ブログ炎上の岩手県議が自殺か?

ブログ炎上の岩手県議が自殺か?

岩手県議会の小泉光男県議(56)が、同県一戸町の川岸で死亡しているのが6月25日に発見された。岩手県警では自殺の可能性があるとみて捜査している。小泉県議は病院批判の投稿がきっかけで、ブログが炎上したばかり。一部報道によると、警察ではブログ炎上と死亡に関連性がないか捜査しているという。岩手日報では以下のように報じている。
2013年06月26日 01時44分 JST
自衛隊DVDがオリコン1位に

自衛隊DVDがオリコン1位に

自衛隊がPR戦略に力を入れている。製作協力したドラマや映画が人気を呼び、自衛隊監修のDVDや戦車のおまけも登場。尖閣諸島や竹島をめぐる領有権の問題や、北朝鮮のミサイル危機に加え、憲法改正や国防軍創設を掲げる安倍政権の誕生で、現実の世界における存在感も増している。みなさんにとって、自衛隊とはどんな存在?
2013年06月25日 21時26分 JST
なぜ日本共産党は都議選で躍進したのか?

なぜ日本共産党は都議選で躍進したのか?

6月23日に投開票された東京都議会選挙で、人々を驚かせたのは日本共産党だ。前回の2009年の8人の倍以上となる17人が当選。わずか15議席に終わった民主党を抜いて都議会第3党となった。7月の参院選を控えて以外な躍進を遂げた。一体、どうして共産党がここまで議席を伸ばしたのだろうか。
2013年06月25日 18時09分 JST
橋下氏「審判は参院選で受ける」

橋下氏「審判は参院選で受ける」

日本維新の会・共同代表を務める橋下徹・大阪市長は6月24日、都議選の結果を受けて「惨敗、完敗です。全責任は僕にある」と、記者団を前に敗北の責任を認めた。従軍慰安婦をめぐる自分の発言を念頭に「表現不足の点もあったし誤解を生むような伝わり方もあった」と反省の弁を述べた。一方で「チャンスを与えてくれるなら、参議院選挙で審判を受けたい」とも話しており、共同代表を続投する考えを示した。
2013年06月24日 21時38分 JST
震災遺構として残すべきか?

震災遺構として残すべきか?

宮城県気仙沼市内に打ち上げられた大型漁船「第18共徳丸」が解体に向けて準備が進んでいる。船主の儀助漁業(福島県いわき市)は6月21日、北海道のNPO法人と解体契約を結んだ。
2013年06月23日 17時47分 JST
都議選投票率、戦後2番目の低さに

都議選投票率、戦後2番目の低さに

2009年の前回選挙で過半数割れに追い込まれた自民、公明両党が、どこまで議席を回復できるが鍵。民主党は第一党の座の死守を目指し、日本維新の会は結果次第で辞任する可能性を示唆した橋下徹・共同代表の去就に注目が集まっている。
2013年06月23日 15時56分 JST
「ネットユーザーにおもねった」との批判も

「ネットユーザーにおもねった」との批判も

民主党の細野豪志幹事長が自民党の支持率の高さに「わけがわからない」と述べたことに対して、ハフィントンポスト上のコメントでは「ネットユーザーにおもねった」などと批判的な声が多く出ている。
2013年06月23日 00時36分 JST
【写真ギャラリー】コンフェデ杯で日本敗退

【写真ギャラリー】コンフェデ杯で日本敗退

サッカーのコンフェデレーションズカップは6月19日、ブラジルのレシフェなどで1次リーグA組の2試合が開催された。開幕戦でブラジルに完敗した日本が、メキシコを2-1で下したイタリアと対戦。日本はここで敗北すると同組3位以下が確定し、敗退が決まる。
2013年06月19日 20時20分 JST
「家族の助け合い」を強制する憲法草案に反対続出

「家族の助け合い」を強制する憲法草案に反対続出

<a href="http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf" target="_hplink">自民党の憲法改正草案</a>に対して、党内から異論を唱えた河野太郎衆院議員を支持する声が続出している。ハフィントンポスト日本版が、<a href="http://www.huffingtonpost.jp/2013/06/14/constitution_n_3444943.html" target="_hplink">6月14日の記事</a>で河野氏の主張を取り上げたところ、3日間で約60件ものコメントがついた。そのコメントは河野氏の主張を支持するものだった。
2013年06月17日 21時42分 JST
「色々おかしい」秋葉原傷害事件の真相

「色々おかしい」秋葉原傷害事件の真相

5月16日に東京・秋葉原の不動産会社で、同社社員の30歳男性が刃物で刺されて重傷を負った事件の真相が、1カ月後になって判明した。殺人未遂容疑で逮捕されたのは、被害者の上司である会社役員。謎の人物による襲撃と思われたが、実は社内のゴタゴタだった模様だ。
2013年06月17日 17時33分 JST
八尾市長「オスプレイ、打診あれば検討も」

八尾市長「オスプレイ、打診あれば検討も」

大阪府八尾市の田中誠太市長は6月7日、米軍の新型輸送機オスプレイの飛行訓練の一部を、八尾空港で受け入れの是非をめぐって「無理だと思う」と強調しながらも、政府から打診があれば「(受け入れを)検討する必要はあるかもしれない」という考えを示していたことが判明した。
2013年06月17日 01時01分 JST
「全く的外れ」細野氏に反論

「全く的外れ」細野氏に反論

安倍晋三首相が6月16日、民主党の細野豪志幹事長にFacebook上で反論した。細野氏の批判に対して外遊先のポーランドから、全く的外れ」「だからダメなんです」と強いトーンで反発している。
2013年06月16日 21時13分 JST
細野豪志氏「最高権力者は自制を」

細野豪志氏「最高権力者は自制を」

<a href="https://www.facebook.com/abeshinzo" target="_hplink">安倍晋三首相</a>がFacebookに投稿した内容をめぐって、民主党の<a href="https://www.facebook.com/goshi.hosono" target="_hplink">細野豪志幹事長</a>が同じくFacebook上で批判した。7月の参院選でのネット選挙解禁前に、各政党がネット利用に力を入れる中で「ネット世論を味方につけるのは我が党だ」と言わんばかりのPR合戦の様相を呈している。
2013年06月16日 16時50分 JST
「選挙カーで流すのやめます」

「選挙カーで流すのやめます」

NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」のテーマ曲を、地方選挙の候補者の選挙カーが流していることについて作曲家の大友良英さんが苦言を呈している。
2013年06月14日 20時08分 JST
児ポ法改正案は「21世紀の焚書」

児ポ法改正案は「21世紀の焚書」

2002年に成人向け漫画「蜜室」の作者が逮捕された事件で主任弁護士を務めるなど、漫画・アニメの表現規制に強く反対してきた山口貴士弁護士は、児童ポルノ禁止法改正案の単純所持規制がはらむ危険性を強く訴えている。「児童ポルノ」とは一体、何なのか。可決した場合にはどのようなリスクが私たちに課せられるのか。山口弁護士にインタビューした。
2013年06月14日 16時07分 JST
教科書法制定を検討

教科書法制定を検討 「自虐史観」を問題視

自民党の教育再生実行本部は6月12日に特別部会を開き、教科書の記述や検定制度の在り方を包括的に示す「教科書法」の制定を検討していくことを決めた。同党が「自虐史観」とする記述を歴史教科書から排除するのが狙いの一つだ。この日の部会では「中間とりまとめ案」の素案を大筋で了承。今月下旬にも安倍晋三首相に提出する。教科書の内容に政府がどこまで介入するのかをめぐり、議論を呼びそうだ。
2013年06月12日 21時19分 JST
脱法ハウス、国が実態調査へ

脱法ハウス、国が実態調査へ

レンタルオフィスや倉庫と称して、実際には人が住んでいる「脱法ハウス」の実態を国が調査することになった。「脱法ハウス」は「住居ではない」という理由で消防・建築法令を免れる集合住宅の一種。都市部で急増している「シェアハウス」の中には、劣悪な住環境で低家賃の物もあり、その中にはこうした「脱法ハウス」も含まれているという指摘もある。
2013年06月11日 17時16分 JST
上田秀明大使、国連で「シャラップ!」

上田秀明大使、国連で「シャラップ!」

日本政府代表の上田秀明・人権人道大使が国連の会議で「シャラップ!」と怒鳴りつける動画(UN Treaty Body Webcast)が拡散し、ネット上で話題になっている。「シャラップ!」とは、英語で「黙れ!」という意味。子どもを叱りつけるときには使うが、公的な会議の場で、ましてや世界各地の代表が集まる席で使うのは異例だ。この動画以外にも上田大使の発言を証言する人が続々と出ており、日本外交の品位が問われる事態にもなりそうだ…
2013年06月10日 21時13分 JST
「紙の転載ばかりのウェブは失敗する」

「紙の転載ばかりのウェブは失敗する」

「東洋経済オンラインが成功した一番の要因は、紙と切り離したこと」。同サイトの佐々木紀彦編集長は、そう断言した。6月5日、都内のイベントスペース「阿佐ヶ谷ロフトA」で開かれたトークショーの一幕だ。このイベントで相方を務めたのは、ハフィントンポスト日本版編集長の松浦茂樹だ。実は二人は、この場が初対面。日本版のローンチから約1ヶ月を迎えるのを記念して、「ウェブニュースメディアの育て方」をテーマにイベントをすることになり、松浦が対談相手に指名したのが佐々木氏だった。
2013年06月10日 15時37分 JST