profile image

菅野久美子

ノンフィクション作家

1982年、宮崎県生まれ。性と死を見つめるノンフィクション作家。出版社の編集者を経て、執筆業へ。 著書に『家族遺棄社会 孤立、無縁、放置の果てに。』(角川新書)、『超孤独死社会 特殊清掃現場をたどる』(毎日新聞出版)、『孤独死大国 予備軍1000万人時代のリアル』(双葉社)、『大島てるが案内人 事故物件めぐりをしてきました』(彩図社)などがある。また、さまざまなウェブ媒体で、孤独死や性にまつわる多数の記事を執筆している。