profile image

MRIC

医療ガバナンス学会発行のメールマガジン

MRIC(エムリック)では、東京大学医科学研究所の上昌広・特任教授が編集長を務めており、医療現場からの声を広く発信している。現在、約50000人に送付している。
ピンクリボンキャンペーンに思う-勝俣範之

ピンクリボンキャンペーンに思う-勝俣範之

何も考えず、「ただ検診を」という、マスメディアのコマーシャリズムにのっかった情緒的な検診啓蒙活動ではなく、科学的・論理的に正しい検診とは何か?、我々は何をすべきか?、をしっかりと冷静に議論し、実行していくようにしたいものです。
2013年09月27日 00時21分 JST
本当の魅力って何? -

本当の魅力って何? - 大西睦子

現在、世界ではどれくらいの数の美容整形術が行われているでしょうか。国際美容外科学会 (International Society of Aesthetic Plastic Surgery: ISAPS)が、2011年に行われた世界の美容整形術の状況報告 によると、美容整形手術の最も多い国は、アメリカで約311万件でした。日本は第4位で95万件です。2位はブラジルの145万件、3位は中国105万件、5位メキシコ79万件、6位はイタリア70万件、7位韓国65万件です。
2013年08月23日 15時17分 JST
医療機関が「競争」する時代は終わった、日本の医療を救うには「協調」だ

医療機関が「競争」する時代は終わった、日本の医療を救うには「協調」だ

参議院選挙において自民党が圧勝しました。実はこの選挙前、全国医師連盟が混合診療や医学部増設など医療に関する7つの質問を与党である自民党に提出していました。しかし自民党はこの質問に対して、"国民皆保険については今後も堅持すべきである。"と返答するだけで、ほかの質問には返答しませんでした。実質的にほとんど"ゼロ回答"だったのです。
2013年08月16日 19時03分 JST
ルールを作るということ-澤井芳信

ルールを作るということ-澤井芳信

今回は、「ルールを作る」ということについて書いていきたい。どこの野球部にも「ルール」は存在すると思う。試合中、練習中、チーム内で様々なルー ルが決められているであろう。私たち京都成章野球部にも「ルール」があった。
2013年08月08日 22時56分 JST
医療安全に関する訴訟使用制限の院内規則-井上清成

医療安全に関する訴訟使用制限の院内規則-井上清成

医療の現場では、医療安全を推進する試みが定着した。医療安全管理委員会での議論、インシデントリポートの提出、院内の事故調査委員会の開催などで、医療事故の再発防止策が積み重ねられている。ところが、これら医療安全の内部資料が訴訟で使われかねない。医療に対する不信を強く持つ人々が、情報開示や証拠保全や文書提出命令などのありとあらゆる手続を使って、責任追及に利用しようと試みている。
2013年08月07日 00時15分 JST
最悪のドラッグラグ「医療大麻問題」-若園和朗

最悪のドラッグラグ「医療大麻問題」-若園和朗

皆さんは、「医療大麻問題」にお気づきでしょうか?もしかすると、それは最悪のドラッグラグなのかもしれません。わが国で、大麻を医療用に使うことは一切できません。と言っても、「そんな馬鹿な、痲薬だって医者の処方があれば使えるじゃない。」と、大麻とオピオイド などを混同してしまい、信じてくれない人が多いのです。
2013年08月02日 18時49分 JST
国民性から解く保険外併用療養費制度-清郷伸人

国民性から解く保険外併用療養費制度-清郷伸人

いま混合診療という妖怪が日本国内を徘徊している。それは長い間日本には無いものとされてきた。医療を統制する行政からは観念すらできないとされ、医療者 の団体である医師会からも世の中に出てきてはならないタブーとされてきた。
2013年08月01日 17時05分 JST
脂肪を鍛えて、太りにくい体質になる! -

脂肪を鍛えて、太りにくい体質になる! - 大西睦子

「私は、みんなと同じようにしか食べていないのにすぐ太る。余分な脂肪を減らしたい。」と悩んでいらっしゃる方はいませんか?今回は、その「脂肪」についての話題です。まず、私たちの体にある「脂肪」のすべてが悪いわけではありません。
2013年07月30日 23時53分 JST
美味しすぎる理由 -

美味しすぎる理由 - 大西睦子

ダイエットや食品業界の新しい流行語「hyperpalatable」は、「hyper」=超+「palatable」=味がよい、快く楽しいということ で、超美味しい、大好きな食べ物という意味になります。食品業界は、いかに「hyperpalatable」な加工食品を生産するかが大きな課題となってきているのです。
2013年06月06日 23時32分 JST
変わっていく被災地病院 -

変わっていく被災地病院 - 小鷹昌明

震災を風化させないために、まだまだ解決されない被災地の悲惨な現実を説いたらよいのか、それとも、戻ってきてくれる人を望み、震災は過去のものとして無害を強調していった方がいいのか。
2013年05月20日 22時46分 JST