profile image

おときた駿

東京都議会議員(北区選出)

1983年、東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、地方議員トップブロガーとして活動中。 ・TwitterID:@otokita ・facebook:https://www.facebook.com/otokitashun
維新と結い「同じ釜の飯」を食わない、政治家たちの結束の脆さ(おときた駿)

維新と結い「同じ釜の飯」を食わない、政治家たちの結束の脆さ(おときた駿)

私の誕生日である9月21日に、新しい政党ができる見込みだそうで。別に嫌みでもなんでもなく、日本と政党政治の未来のためにも、こうした野党再編はうまくいって欲しいと思っています(橋下さん好きだし)。…ですが、結局・代表が複数(二名)いる「共同代表制」・東京と大阪にそれぞれ本部を置く「二本部制」で発足するということで、早くも全力で空中分解フラグが立ちまくっており、正直なところ大変先行きが不安です。
2014年09月08日 23時36分 JST
被災地から仮設住宅がなくならない、いくつかの理由

被災地から仮設住宅がなくならない、いくつかの理由

二日目の夜に大船渡市にて、市役所の復興支援担当職員と、震災直後から仮設住宅の支援員をやっているNPO代表の方にお話を伺う機会があったのですが、公営住宅への入居がうまく進んでいないとのこと。
2014年08月12日 21時52分 JST

"こんなの錬金術じゃん!"政治家が、自分の団体に寄付して税金がかえってくる制度

何かと最近、注目度の高い東京都議会ですが、また「政治とカネ」にまつわる問題が浮上しまして...。今回発覚したのは、ある都議会議員が年末に700万円以上の個人献金を自らが代表を務める政治団体に寄付し、それを帳簿上、領収書なしで数日間ですべて使い切った...という収支報告をした事実です。
2014年08月02日 21時56分 JST
議員の「穴の開いたコンドームを配ってはどうか」発言を追及した議員ブログが規制を受ける矛盾

議員の「穴の開いたコンドームを配ってはどうか」発言を追及した議員ブログが規制を受ける矛盾

なぜか関係各方面から、「オトキタは、この件で意見を書かないのか?(=書け!)」というお問い合わせをいただきましたので、私の所感もなにか書きたいと思います(苦笑)。事の発端は、またも議会における不適切な発言。「穴の開いた避妊具配っては」...新城市議が発言 「婚姻届を出した市民に、穴の開いた(避妊具の)コンドームを配ってはどうか」ある市議による上記の大・大・大・問題発言を、別の市議がブログで指摘して表面化。
2014年07月26日 00時52分 JST
状況は絶望的?技術者たちに、最大の敬意を!福島第一原発に行ってきた

状況は絶望的?技術者たちに、最大の敬意を!福島第一原発に行ってきた

本日はみんなの党東京都政調&青年局の合同視察として、あの福島第一原発に入らせていただく貴重な機会をいただきました。公党の国会議員・地方議員と言えど簡単には入ることができず、年間で定められたわずかな人数枠に加えてもらえたことに感謝です。残念ながら敷地内には一切の電子機器・カメラを持ち込むことができなかったため、文章が中心のレポートとなります。。
2014年07月19日 22時17分 JST
「侮辱に対する処置」要求は不受理。都議会はどうしても「受理したくない」のでしょう

「侮辱に対する処置」要求は不受理。都議会はどうしても「受理したくない」のでしょう

ありとあらゆる方向から、ブログの内容へ圧力を受けている私です。これが遺書代わりになるかもしれない。精一杯書くつもりだ(冗談です)。今朝9時、ご報告通り塩村あやか議員が「処分要求」を公式に提出いたしました。結論から申し上げますと13時頃、不受理(差し戻し)ということで返って参りました。
2014年06月20日 23時02分 JST
塩村あやか議員より「侮辱に対する処置」を要求します

塩村あやか議員より「侮辱に対する処置」を要求します

昨日の本会議にかかる件につきまして、本当に大きな反響をいただいております。追記もいくつか記載しましたので、未読の方は昨日の記事をご確認ください。今後の対応について引き続き多くの方からご心配、お問い合わせをいただいております。すでに報道されているものもありますが、今後の動きは大きく以下の2点です。
2014年06月20日 00時52分 JST
女性議員に対して「早く結婚しろ!」「子どもは産めないのかっ!」と野次を飛ばす、最低最悪の議会へ

女性議員に対して「早く結婚しろ!」「子どもは産めないのかっ!」と野次を飛ばす、最低最悪の議会へ

選挙のときに、有権者の前では「女性の社会進出を促進します!」「子育て支援にしっかりと取り組みます!」と言っている議員たちが集まる議会でこのような野次が飛び、それを笑う議員が大勢いる。それが我が国の首都、東京都議会の実態です。
2014年06月18日 19時16分 JST