profile image

tenki.jp

一般財団法人日本気象協会が運営する天気総合ポータルサイト

一般財団法人日本気象協会が運営する天気総合ポータルサイトです。今日明日の天気をはじめ、10日間天気予報、世界天気、雨雲の動き、台風や地震などの防災情報、洗濯指数や紫外線指数などの各種指数情報等々、老舗気象会社ならではの、充実の情報掲載を実現しています。また、人気コンテンツとして、日直予報士では、旬の気象情報を分かりやすく解説しています。
冬将軍、3月5日水曜日に再来

冬将軍、3月5日水曜日に再来

5日水曜日は低気圧の影響で全国的に雨や雪。この雨や雪を境に西から年に数度レベルの寒気が入ってきます。3月としては類い稀な強い寒気。体調を崩さないよう、お気をつけください。
2014年03月02日 18時06分 JST
関東北部、大雪にはならないが平地で積もる所も

関東北部、大雪にはならないが平地で積もる所も

午前7時現在、関東の平野部は広く雨で、山沿いは雪の降っている所も。今夜にかけても、雨や雪が降ったりやんだり。東京都心を含め、関東南部は雨の所がほとんどですが、箱根から奥多摩、秩父方面は雪の積もる所も。関東北部は山沿いだけでなく、平野部も積もる所がありそうです。
2014年03月01日 22時19分 JST
春の陽気、花粉対策を

春の陽気、花粉対策を

きのう本州付近に雨を降らせた雨雲は東の海上へ抜けました。日中は晴れ間の出る所が多いでしょう。気温は関東から西で15度を超える所が多く、春の暖かさが感じられそうです。
2014年02月27日 23時18分 JST
PM2.5 26日夜にかけて濃度は高めの予想

PM2.5 26日夜にかけて濃度は高めの予想

tenki.jpのPM2.5分布予測では、今夜にかけて中国・四国から北陸、関東で高めの濃度が予想されています。午後1時現在、大阪府や新潟県などでPM2.5 の濃度が暫定的な指針となる値を超えると予想されるとして注意喚起を行っています。自治体が発表する情報を確認し、体調の変化に注意しましょう。
2014年02月26日 16時07分 JST
PM2.5

PM2.5 今日26日も濃度が高まる予想に

26日にかけてはPM2.5の濃度が西日本などで高くなる予想です。PM2.5の濃度が暫定的な指針となる値を超えた場合は、その吸入を減らすため、屋外での長時間の激しい運動や外出をできるだけ減らすこと、外出時はマスクを適切に着用すること、換気や窓の開閉を必要最小限にすることが有効だと言われています。
2014年02月25日 21時37分 JST
花粉の飛散、一気に増加

花粉の飛散、一気に増加

いよいよ本格的に花粉シーズンの到来ですね。きょうは九州地方や四国地方で非常に多くの花粉を観測しています。また、中国地方、近畿地方、東海地方でも非常に多くの花粉を観測している地域があります。
2014年02月25日 20時53分 JST
スギ花粉の飛散が本格化

スギ花粉の飛散が本格化

西ほどスギ花粉の飛散が本格化。24日は九州や四国は花粉が非常に多く飛ぶので、症状のでる方は対策を万全に。中国地方や近畿、東海は所々で多く飛びそう。関東も本格的な花粉シーズンは目前。対策はできるだけ急いで。
2014年02月23日 22時39分 JST
花粉シーズン、関東も来週後半から

花粉シーズン、関東も来週後半から

九州や四国など、西日本では本格的に花粉が飛び始めていますが、関東でも来週後半には、花粉の飛ぶ量がやや多くなる見込みです。花粉症の方は早めに対策をしておきましょう。
2014年02月21日 22時55分 JST
甲府の雪どけはいつ?

甲府の雪どけはいつ?

先週末に記録的な大雪に見舞われた甲府では、きょうもまだ積雪が40センチくらい残っています。気温が低いため、これまでなかなか雪が減りませんでした。この先は気温が徐々に上がって、ようやく雪どけが進みそうです。
2014年02月19日 20時04分 JST
明日19日以降の太平洋側の雪、降る量は少なめに

明日19日以降の太平洋側の雪、降る量は少なめに

あすからあさってにかけて、本州の南を通過する低気圧はコースがさらに南へ。九州から関東の太平洋側で雪の降る所がありますが、きのうまでの予報より降る時間は短く、量も少ない見込みです。
2014年02月17日 22時27分 JST
大雪、関東甲信で観測史上1位を記録

大雪、関東甲信で観測史上1位を記録

関東甲信は内陸部を中心に記録的な大雪になっている。山梨県内ではたった1日で約1メートル積雪が増え、甲府や河口湖では観測開始以来の最も積雪が多くなっている。
2014年02月14日 21時51分 JST
関東 雪のピークは夕方から深夜

関東 雪のピークは夕方から深夜

午前9時現在、関東の広い範囲で雪。都心周辺でも、路面が白くなっています。すでに電車などの交通機関にも影響が出始めています。午後は次第に雪の降り方が強まって、広く積雪となりそうです。また、風も強まり、ふぶく所もある見込みです。
2014年02月13日 23時15分 JST
東京は20年ぶりの大雪、このあと大雪の中心は北へ

東京は20年ぶりの大雪、このあと大雪の中心は北へ

8日午後8時現在の東京都心の積雪は25センチで、20年ぶりの20センチ台になりました。関東甲信地方の広い範囲で大雪になっており、交通機関にも大きな影響が出ています。このあと大雪の中心は東北の太平洋側へと移るでしょう。9日の日中には関東甲信の雪はやみますが、路面凍結に注意が必要です。
2014年02月08日 22時42分 JST
雪は融けずに残る 足元注意(相原恵理子)

雪は融けずに残る 足元注意(相原恵理子)

関東の天気は回復。ただ、5日間くらいは雪が融けずに残りそう。朝晩は冷え込みが強く凍結の恐れ。路肩や歩道、日陰の所は注意。明日の朝は時間に余裕を持って通勤や通学を。
2014年02月08日 22時33分 JST
東京に大雪警報

東京に大雪警報 23区で13年ぶり

東京に大雪警報。東京23区に大雪警報が発表されたのは2001年以来13年ぶりのこと。午前10時現在の積雪は東京・大手町で3センチ。このあとあすにかけてさらに20センチ前後の雪が降る見込み。
2014年02月07日 23時35分 JST