profile image

tenki.jp

一般財団法人日本気象協会が運営する天気総合ポータルサイト

一般財団法人日本気象協会が運営する天気総合ポータルサイトです。今日明日の天気をはじめ、10日間天気予報、世界天気、雨雲の動き、台風や地震などの防災情報、洗濯指数や紫外線指数などの各種指数情報等々、老舗気象会社ならではの、充実の情報掲載を実現しています。また、人気コンテンツとして、日直予報士では、旬の気象情報を分かりやすく解説しています。
震えが止まらないほどの冷え込みに(きむら貴之)

震えが止まらないほどの冷え込みに(きむら貴之)

冬将軍がやってきます。きょうは全国的に真冬の寒さとなりそうです。北風が強まるため、気温の数字以上に寒さが厳しいでしょう。3連休にかけて極寒列島となります。首もとやすそから冷たい風が入らないようマフラーや手袋をしたり、積極的に温かいものを飲むなど、最大限の防寒対策を心がけてください。
2014年01月08日 22時42分 JST
暦通り、厳しい寒さ(井口靖子)

暦通り、厳しい寒さ(井口靖子)

5日は二十四節気の「小寒」。節分までが「寒中」で、一年で最も寒い時期。暦に合わせるように、全国的に朝は冷え込みが強まります。昼間も寒さが厳しく、関東から西も気温は10度以下の所がほとんど。東京や大阪はこの冬一番の寒さになりそうです。
2014年01月04日 22時40分 JST
5日は厳しい寒さ(井口靖子)

5日は厳しい寒さ(井口靖子)

5日(日)の朝は全国的に冷え込みが強く、都心でも氷が張るくらいまで気温が下がるでしょう。昼間も寒さが厳しい見込みです。仕事始めを前に体調を崩さないよう、お気をつけください。
2014年01月03日 21時11分 JST
Uターンは早い時間に(きむら貴之)

Uターンは早い時間に(きむら貴之)

年末年始は住まいを離れ、実家や旅先で新たな一年に向けての英気を養われた方も多いでしょう。Uターンラッシュが始まりますが、きょうお戻りになる予定の方はなるべく早い時間からがおススメです。午前中は雨や雪の降る所は少なく、北日本の風も昨日よりおさまります。
2014年01月02日 22時31分 JST
暖かい新年、東京15度(きむら貴之)

暖かい新年、東京15度(きむら貴之)

都心のけさは初日の出をきれいに見ることができました。太平洋側は多くの所で初日の出を見れたのではないでしょうか。元日は全国的に気温が高め。東京は15度くらいまで上がります。それほど寒さを感じることなく、初詣に行けそうです。
2013年12月31日 21時53分 JST
初日の出が見られるエリアは?(きむら貴之)

初日の出が見られるエリアは?(きむら貴之)

2013年も、あとわずか。新たな1年を初日の出を見ながら迎える方もいらっしゃるでしょう。朝から晴れて、初日の出が見られそうなのはどのエリアかをお伝えします。
2013年12月30日 21時20分 JST
年末年始の天気 年明けに荒れる所も(中谷雪乃)

年末年始の天気 年明けに荒れる所も(中谷雪乃)

1月1日から2日は発達した低気圧の影響で風が強まり、北日本を中心に荒れた天気になる所があるでしょう。北日本には次の強い寒気が入り、大雪に注意が必要です。太平洋側は3日から雲が多くなり、太平洋沿岸を中心に雨が降るでしょう。雪の降る可能性もあります。
2013年12月29日 18時23分 JST
帰省の足に影響か(相原恵理子)

帰省の足に影響か(相原恵理子)

午前7時現在、関ヶ原で1センチ、米原で2センチの積雪。東海道新幹線など帰省の足に影響が出る可能性も。名古屋は夕方から雪が降る見込み。雪にあまり慣れていない東海以西の平地で積雪の所がありそう。
2013年12月27日 22時44分 JST
冬の嵐、帰省ラッシュに直撃(木村雅洋)

冬の嵐、帰省ラッシュに直撃(木村雅洋)

北海道や東北は27日の昼前から28日にかけて突然の猛ふぶきなどに警戒が必要です。27日から28日にかけては低気圧が急速に発達しながら、北日本を通過する見込みです。北海道や東北では帰省ラッシュと暴風のピークが重なる可能性が高くなっているため、交通機関の大幅な乱れなどに十分ご注意ください。
2013年12月26日 23時39分 JST
3か月予報、寒くて長い冬(井口靖子)

3か月予報、寒くて長い冬(井口靖子)

3か月予報(1月~3月)が発表になりました。2014年は春の訪れが遅くなりそうです。寒くて長い冬に負けないよう、冬休みも規則正しい生活を心がけるなど、体調管理を万全にしましょう。
2013年12月25日 22時35分 JST
穏やかサンタの後は、厳しい冬将軍(望月圭子)

穏やかサンタの後は、厳しい冬将軍(望月圭子)

きょうは、日本海側で雪や雨で降りましたが、クリスマスは日本海側も天気が回復。ただ、週の後半からは年末寒波がやってくるため、日本海側は大雪の所もありそうです。帰省など年末のお出かけは、寒さ対策と、時間に余裕のある計画を立てて下さい。
2013年12月24日 22時27分 JST
クリスマス(25日)は4年ぶりに穏やか(吉田 友海)

クリスマス(25日)は4年ぶりに穏やか(吉田 友海)

いよいよクリスマスも間近。前日の24日は日本海側は雪や雨が降りやすいですが、太平洋側は大体晴れる見込みです。25日は日本海側の雪もやむ見込みで、クリスマスに日本海側で広く雪にならないのは久しぶりのことです。
2013年12月23日 22時19分 JST
クリスマス・イブの天気(井口靖子)

クリスマス・イブの天気(井口靖子)

24日夜は北海道や本州の日本海側でホワイトクリスマスの所が多くなりそうです。本州の太平洋側や九州は広く晴れて、イルミネーション日和に。雪が降っても、降らなくても、大切な方と楽しい時間を過ごせると良いですね。
2013年12月22日 22時16分 JST
2013年のお天気10大ニュースは(中谷雪乃)

2013年のお天気10大ニュースは(中谷雪乃)

2013年も残すところあと10日ほど。今年のお天気ニュースといえば、何を思い浮かべますか?日本気象協会では2013年のお天気10大ニュースをまとめました。皆さまの記憶に残ったニュースは入っているでしょうか。
2013年12月21日 17時26分 JST
冬の嵐いつまで(吉田友海)

冬の嵐いつまで(吉田友海)

発達中の低気圧や強い寒気の影響で、冬の嵐となっています。沿岸部を中心に風が強まり、愛媛県の宇和島では最大瞬間風速31メートルを観測しました。また、西日本の平地でも雪が降り、和歌山や神戸や津などでも初雪を観測。この冬の嵐は21日にかけても続く見込みです。
2013年12月20日 18時48分 JST
三連休の天気は(中谷雪乃)

三連休の天気は(中谷雪乃)

23日の月曜日は天皇誕生日。21日の土曜日から三連休という方も多いと思います。年末年始に向けて忙しい時期の貴重な三連休。気になる天気をお伝えします。
2013年12月19日 19時51分 JST
20日は西日本に年に数回レベルの強い寒気(吉田友海)

20日は西日本に年に数回レベルの強い寒気(吉田友海)

明日にかけて西日本の上空に年に数回レベルの強い寒気が流れ込むでしょう。九州や四国は明日の朝にかけて平地でも所々で雪が降る見込みです。山陰や山陽から北陸にかけても雪で、山沿いを中心に大雪の恐れがあります。平地でも所々で積雪となる見込みですので、交通機関の乱れに注意が必要です。
2013年12月19日 18時09分 JST
18日 関東付近で雪の降る所は(望月圭子)

18日 関東付近で雪の降る所は(望月圭子)

18日は、本州の南を低気圧が進みます。これが、いわゆる「南岸低気圧」で、関東付近に雪を降らせるパターンです。18日は関東の平地でも、雨だけでなく、雪の交じる所がありそうです。
2013年12月17日 16時13分 JST