熊代亨

精神科医、ブロガー

1975年生まれ。信州大学医学部卒業。地域精神医療に従事する傍ら、現代の社会適応や心理的充足について、ブログ上で発信を続けている。“精神科臨床の「診察室の風景」と、ネットコミュニケーションやオフ会からみえる「診察室の外の風景」との辻褄合わせ”に拘っている。著書に『「若作りうつ」社会』(講談社)、『ロスジェネ心理学』(花伝社)など。
インターネットの自由と世間様

インターネットの自由と世間様

かつて、インターネットの自由とは「誰にも文句を言われることがない」という修飾語のついた自由だった。
2016年03月28日 23時40分 JST
人生に麻酔をかけ続ける人々

人生に麻酔をかけ続ける人々

インターネット上では、不特定多数から注目されたがるアカウントを頻繁にみかける。注目や炎上は一種の興奮や陶酔をもたらすが、幸福になることはない。
2015年12月11日 00時53分 JST
天賦の才能によらず、夢を見ているXさんへ

天賦の才能によらず、夢を見ているXさんへ

四半世紀ほど前に比べると、単純な努力や自己実現志向が褒められない時代になりましたね。あの頃の老若男女が白昼夢に溺れ過ぎていたわけですから、仕方ないと思います。
2015年11月30日 01時06分 JST
未熟な承認欲求、成熟した承認欲求

未熟な承認欲求、成熟した承認欲求

愚直に承認欲求を充たそうとあがくのでなく、長期的な人間関係が成立し、成熟に役立つよう、コミュニケーションを意図的に選択していく必要がある。
2015年11月17日 01時35分 JST