profile image

勝川俊雄

水産学者(水産資源管理)、三重大学生物資源学部 准教授

1972年、東京都生まれ。研究対象は、水産資源管理の理論的な研究。震災後は、被災漁村の復興活動を積極的に行っている。1997年から1年ほどバンクーバーに留学。著書に『漁業という日本の問題』(NTT出版)、『日本の魚は大丈夫か』(NHK新書)など。
日本は、なぜ乱獲を放置し続けるのか?水産庁の言い分を検証

日本は、なぜ乱獲を放置し続けるのか?水産庁の言い分を検証

当ブログでは、漁獲規制の不備によって、日本の漁業が衰退していることを繰り返し指摘してきた。多くの読者から、「なんで水産庁は規制をしないのか?」という疑問の声が上がっている。その疑問に対する水産庁の言い分を紹介しよう。
2014年03月25日 23時56分 JST