profile image

古川康

衆議院議員

1958年佐賀県生まれ。東京大学法学部卒業後、自治省(現総務省)入省。自治大臣秘書官、長崎県商工労働部長・同総務部長などを経て、2003年4月の佐賀県知事選に出馬、初当選を果たす。全国知事会副会長・地方分権推進特別委員会委員長、国の地方分権改革有識者会議議員などを務める。2011年3月発足「地域に飛び出す公務員を応援する首長連合」代表。2014年12月、衆議院議員初当選。 【パーソナルサイト】http://www.power-full.com
「まれ」にみるリアリティ

「まれ」にみるリアリティ

「『まれ』はご覧になっていますか?」即、反応が返ってきた。「あの番組はリアリティーがありますね」
2015年06月25日 01時13分 JST
18歳の選挙権

18歳の選挙権

先日、選挙権を与える年齢を20歳以上から18歳以上に、と改める法律が衆議院を通過した。施行はおそらくは来年の参議院議員選挙。この法律が成立すると、高校三年生の中で誕生日の来た人は投票権が与えられることになる。
2015年06月11日 14時37分 JST
雨が降る季節の前に

雨が降る季節の前に

暗渠や棚田それ自体はきれいに維持されている。加えて訪れたその日は凱風快晴の気持ち良い日。きれいですね、と思わずつぶやいたが、雨が降るとこうなんです、と何枚も写真を見せられた。
2015年05月12日 23時28分 JST
もっと政策論議を

もっと政策論議を

国会においては予算委員会を始めとする委員会の場が政策論議の檜舞台。総理大臣や各大臣に対し厳しい質問が投げかけられ答弁次第によっては委員会が止まったりすると言うこともあったりする。
2015年04月30日 18時42分 JST
若きホワイトハッカーの悩み

若きホワイトハッカーの悩み

3月16日、LINE株式会社は、一部の環境下においてLINEの脆弱性が見つかったがその点についての修正が完了したと公表した。
2015年04月22日 00時15分 JST
21世紀版「アパートの鍵貸します」とは?

21世紀版「アパートの鍵貸します」とは?

Airbnbはアメリカに拠点を持つ世界的なネット上の民泊サイト。ただ、貸すのはAirbnbではなく登録している個人。その個人が空いてる部屋、貸してもいい家を貸す、ということだ。
2015年04月14日 23時14分 JST
知事と代議士、どう違う?

知事と代議士、どう違う?

知事と代議士、両方経験をした人は何人もおられるが、多くの場合は、代議士から知事へ。その逆は意外と少ない。
2015年04月07日 23時38分 JST
東日本大震災復興加速化本部総会に出席して

東日本大震災復興加速化本部総会に出席して

東日本大震災からの復興についても国会議員になってみて触れることがかなり増えた。国として東日本大震災からの復興の加速化に全力を挙げているから、とも言えようが、復興はまだまだだからと言うことかもしれない。
2015年04月01日 17時25分 JST
「電源がないから」

「電源がないから」

あまり美術館に行かないと言う若い人たちになぜ行かないのかを聞いてみた。そもそも美術に関心がない、行く理由がない、デートに使えない、などいろんな答えが出てきたが、そのほかに印象的だった答えがあった。
2015年03月04日 02時43分 JST
「二地域居住」実践中

「二地域居住」実践中

与党の議員として政策づくりや意思決定に関わる場面が増えてくれば、なかなかいつも地元に、というわけにはいかないのだろうが、少なくとも今は平日は東京、週末は地元という生活だ。
2015年02月17日 22時44分 JST
解散・総選挙をめぐって

解散・総選挙をめぐって

総選挙に出馬してほしいという声があるのは事実で、それを含めて最終的な判断をしなければならなくなっている、ということだ。
2014年11月18日 23時11分 JST
自治体の海外視察

自治体の海外視察 ~その意味と価値

それは卒業論文のためのアンケートだった。論文は、縮小傾向にある「海外視察」の有効性をあらためて明らかにし、より良い海外視察のあり方を探ることがテーマで、全都道府県・市町村の議員・首長を対象に調査していた。
2014年11月11日 22時21分 JST
山手線の新駅名を情熱的に考えてみた。いいのがあった!

山手線の新駅名を情熱的に考えてみた。いいのがあった!

東京・山手線に新駅が誕生するという。田町と品川の間だ。ドキドキだ。西日暮里駅以来なのだから。西日暮里駅というのは日暮里の西だからそういうことにしたのだろうが、今回はそれじゃあんまりだ。ということで、どういう名前の新駅であればいいのか、考えてみた。(もちろん頼まれたりしていない。)
2014年09月09日 00時44分 JST
アイス・バケツ・チャレンジの前から佐賀県が提案して全国に広まった制度

アイス・バケツ・チャレンジの前から佐賀県が提案して全国に広まった制度

ALS患者支援のための「アイス・バケット・チャレンジ」が広がりを見せている。ALSとは筋萎縮性側索硬化症という難病。この難病についての理解を広げ、寄付を集めようと始まったのがアイス・バケット・チャレンジ。先にチャレンジした人から指名を受けたら、24時間以内に、100ドルALS協会に寄付をするか、氷水を頭からかぶるか、あるいはその両方を行わなければならない。
2014年08月25日 23時06分 JST