BLOG
2014年12月22日 17時28分 JST | 更新 2014年12月22日 17時28分 JST

マツダ、東京オートサロン2015で日本初公開「CX-3」、新型「ロードスター」など

マツダは、2015年1月9日~11日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン 2015 with NAPAC」に、日本では初公開となる新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」を出展する。

マツダは、2015年1月9日~11日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン 2015 with NAPAC」に、日本では初公開となる新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」を出展する。

また、早くもカスタマイズされたMAZDA CX-3 Racing コンセプト2015(画像の車両)も参考出展される予定となっている。

Photo gallery 東京オートサロン2015マツダ See Gallery

もちろん新型「マツダ ロードスター」のワールドプレミアムモデルも参考出展される。

さらに、写真の2016年より世界の複数の地域で開催を予定している「Global MX-5 Cup」レース用の車両(画像の車両)も出展される予定だ。

また、大幅に改良されて1月7日に登場する予定の「アテンザ」「CX-5」も出展される。

今までのレッドカラーから一変して、ダークカラーを採用した「Prestige -style コンセプト 2015」はアテンザ、CX-5で展開され、参考出展される。

そして、販売好調の「デミオ」「アクセラ」のカスタマイズモデルも参考出展される。

上段の画像が「デミオ Color コンセプト(Red,Tan,White)2015」。下段左の画像が「デミオ Racing コンセプト 2015」、右の画像が「アクセラ Sports Racing コンセプト 2015」だ。いずれも参考出展となっている。

今回の出展テーマは、"Be a driver. ~自分の行く道は、自分で決めたほうが、楽しいに決まっている"。マツダは、運転者はもちろん、同乗者すべてが楽しくなるようなクルマづくりを目指しているとのことで、オートサロンではそのテーマに沿った形でブースが作られている。

展示ブースでは、CX-3とロードスターをテーマに、開発スタッフやデザイナーによるトークショー、そして、開発スタッフによるクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」の技術説明ツアーや、マツダならではの走りへのこだわりや開発思想を紹介する「人馬一体アカデミー」講義など、来場者が参加でき る企画(一部参加人数限定で抽選券を配布予定)を用意しているとのことだ。

見るだけではなく参加できる企画もあるので、行かれる際は早めに入場すると良いだろう。

マツダ株式会社 公式HP

http://www.mazda.com/jp/

【関連記事】

(2014年12月21日Autoblog japan「マツダ「CX-3」、新型「ロードスター」などを東京オートサロン 2015で日本初公開!!」より転載)