THE_BLOG

【裏ワザ】◯◯を振りかけるだけで、ベーコンがカリカリになる!

今回はベーコンを、カリカリにしやすくなる裏ワザをご紹介
This post was published on the now-closed HuffPost Contributor platform. Contributors control their own work and posted freely to our site. If you need to flag this entry as abusive, send us an email.

突然ですけど、カリカリと怒っている人は苦手ですが、ベーコンはカリカリしているほうが好きな人も多いはず!香ばしく、料理のアクセントにもなるあのカリカリ食感...、想像するだけでもお腹が空きますね。というわけで、今回はベーコンを、カリカリにしやすくなる裏ワザをご紹介♪使用するものは、「ひとつまみの砂糖」だけなんですよ!

ベーコンエッグにカルボナーラ、BLTサンドイッチにサラダ...お安いベーコンがワンランクUPのお味に。

フライパンにひとつまみの砂糖を入れたら、あとは普通にベーコンを焼くだけ。油もいっさい必要ありません。こうすることで、熱せられた砂糖がカリカリになり、焼き色もよくなって、深い味わいになるのだそう!

■でも、いったいなぜ?

砂糖を190℃程度まで熱すると、カラメル化し黒褐色になり、香ばしさが増すとのこと。この作用をベーコンを焼く際に用いることで、表面がカリカリになり、焼き色が付いて、味わいにも変化が起こる、というわけですね。

つくれぽ(みんなのつくりましたフォトレポート)でも、「カリッと焦げ目が美味しい!」「驚いた」「これからもこの方法で作ります♪」といった報告が多数!美味しそうな写真も見応えがありますね。

まるで科学のような、料理の裏ワザ!まだまだ他にも、科学的な裏技が存在するかもしれません♪実験をする気分で、ぜひ試してみてくださいね。(TEXT:八幡啓司)

クックパッドニュースについて

クックパッドニュースは日本最大160万品のレシピが集まるクックパッドから編集部が見つけた食や暮らしのトレンド情報をお届けします。

【人気記事ランキング】