The Blog

【持ち運びにOK】お弁当のデザートは「フルーツボンボン」で決まり!

フルーツの彩りがお弁当に華を添えてくれます。

お弁当のデザートにオススメ!

5月は運動会や遠足などで、お弁当を作ることが多いシーズンです。いつもよりちょっと特別なお弁当作りたかったり、献立に悩みますよね。そんな時期に、お弁当のデザートとしてオススメしたいフルーツボンボンをご紹介します。

フルーツボンボンはお好みのフルーツを寒天で固めてラップにくるむので、外で食べるのにぴったり! その上、見た目も涼やかで、フルーツの彩りがお弁当に華を添えてくれます♪

◆丸く仕上げるコツは水に浮かべて固めること!

寒天液とフルーツをラップで包んで固めるときに、冷水をはったボウルの中に浮かべると底も丸くキレイに固まるようです。また、フルーツを星やハートの型で抜いたものを使えばお子さんにも喜ばれそう!

フルーツボンボンの作り方

お好みのフルーツを寒天で固めるだけ!

1.器の上にラップを広げ、お好みのフルーツを入れる。

2.粉寒天を溶かして砂糖とレモン汁を加えた寒天液をフルーツの上に注いで、ラップと輪ゴムでくるむ。それを冷水をはったボウルの中で固める。

3.固まったらラッピング用のワイヤーやリボンなどで口を止める。

出来上がったものは凍らせてからお弁当に持っていくと、お昼には溶けてちょうどよい冷たさで食べられるというありがたい意見もありました。

使用するフルーツを変えたり、ラップで包む量を変えれば、味と形が自由自在なので、お子さんの好みに合わせてオリジナルのフルーツボンボンを作ってみてください♪(TEXT:吉本さら)

クックパッド編集部

◆クックパッドニュースの人気記事

◆クックパッドニュースについて

クックパッドニュースは日本最大238万品のレシピが集まるクックパッドから編集部が見つけた食や暮らしのトレンド情報をお届けします。