The Blog

煮物上手と褒められる!これだけは極めたい煮物7選

煮物は本格的で難しいイメージがありますが、調味料の配分さえ間違えなければ案外カンタン。コトコト煮込めば失敗なしでできあがるメニューも多いんです。

■煮物は作りおきおかずにもぴったり!

ますます寒さが厳しくなる季節、なぜだか冬は和食が恋しいですよね。お鍋もいいけれど、味がしみた煮物が食べたくなります。

煮物は本格的で難しいイメージがありますが、調味料の配分さえ間違えなければ案外カンタン。コトコト煮込めば失敗なしでできあがるメニューも多いんです。そのうえ時間をおくほどに味が染みこんでおいしくなるから、忙しいときにうれしい作りおきおかずにも最適。色々な種類がありますが、この7種類の煮物さえ押さえておけば、煮物上手と言われること間違いなしの、「定番煮物レシピ」を7つ紹介します。

●野菜がたっぷり♪「筑前煮」

日本の家庭料理の定番、筑前煮♪昔ながらのこっくり甘辛味にしたくて研究しまくって完成した自信作!しっかり懐かしい味です♪

まずは煮物の代表格、筑前煮。野菜はあるものでOK。冬に旬を迎える根菜類をたっぷり入れたら栄養的にも◎。

●どこか懐かしい「白菜と油揚げの煮物」

簡単 ホクホク 美味しいです(*´∇`*)

鍋料理で余った白菜の消費におすすめ。油揚げから出たおいしい出汁が白菜に染み込みます。

●あったかあんがクセになる「かぶの鶏そぼろあんかけ」

これからの季節、美味しいかぶを幅広い年齢層に好まれるお料理に仕上げました。 是非とも作ってみてくださいね。

かぶをだし汁で柔らかく煮てから、鶏挽き肉をしょうゆと水で煮込んで、水溶き片栗粉であんに。かぶが苦手という人にも肉のあんで食べやすいレシピです。

●とろける食感がたまらない!「里芋の煮っころがし」

さんざん甘い汁を吸わせてから、しめる! 里芋をこよなく愛する女が辿り着いた極上里芋の煮っころがし。

里芋を下ゆでしてから皮をむき、砂糖、みりん、塩で煮込みます。里芋がやわらかくなったら、仕上げにしょうゆをプラス。和辛子とともに食べると絶品。

●お弁当のおかずにも使える♪「牛肉とごぼうのしぐれ煮」

ボリュームたっぷりな常備菜です。お弁当のおかず、酒の肴、夕飯の一品に。。。日持ちするので多めに作っておくとGOODです★

牛肉とごぼうのささがきを甘辛く煮れば、ご飯の進むおかずに。日持ちもするので、たくさん作って常備菜にしても。

●ぷりっぷりのイカが絶妙な「イカ大根」

大根を口に入れればつゆがジュワ~♡ イカはぷりぷり♡ 大根丸いまま煮ても味染みます♡

冬はやっぱり大根の煮物ですよね。大根の面取りはピーラーを使えばカンタン。ぷりぷりのイカと、とろ〜りとした大根の食感のハーモニーがたまりません。

●臭み消しをマスターして本格的な「ブリ大根」

ぶり大根を美味しく作るには時間と手間が必要です。ぜひひと手間かけて下さい☆

やっぱり冬はこれも欠かせません。成功の秘訣はブリの臭み消し。塩をふってから熱湯をかけてから調理して。これだけの手間で、おどろくほどおいしく仕上がります。

煮物のいいところは旬の食材をたっぷりと味わえること。そして野菜も多くてヘルシーなんです。年末年始で疲れた胃にもおすすめですよ♪(TEXT:松崎祐子)

クックパッドニュースについて

クックパッドニュースは日本最大160万品のレシピが集まるクックパッドから編集部が見つけた食や暮らしのトレンド情報をお届けします。

【人気記事ランキング】