2018年07月13日 13時26分 JST | 更新 2018年07月13日 13時27分 JST

歴史的な大決断。DELLの営業チームが東京・三田に新オフィスを構えた4つの理由

三田から始まる、新しい挑戦

DELL JAPAN

世界的なPCメーカー、デル株式会社 広域営業統括本部プレゼンツの同社執行役員の清水博さんによるブログが連載中です。第4弾は、DELL広域営業統括本部が2018年、東京・三田に新オフィスを構えた"4つの理由"をご紹介します。20年以上川崎で活動してきた彼らが、東京・三田にも新たな拠点を置いたわけとは?

--------------------------------------

都内へのオフィス新設は歴史的マイルストン?!

神奈川県川崎市には日本を代表するコンピューター関連企業が多く集まっていて、ハイテク産業の地といわれています。特に、私たちの主力製品であるパソコンのマーケットシェアを占めるかなりの企業は、この地に関連しているのではないでしょうか? 私たちDELLも創業当時の五反田から川崎へ居を移し、すでに20年以上ビジネス展開をしています。私たち「広域営業統括本部」は、従業員100名から1000名未満までの法人のお客様を担当していますが、川崎から全国のお客様に営業活動を行っていました。

しかしながら2018年、私たちにとって、歴史的なことが起こりました。

私たち広域営業統括本部が、東京に新たなるオフィスを構えることになったのです。DELLは2008年に東京三田にオフィスを新設し、施設内にカスタマーソリューションセンターを開設しておりましたが、広域営業統括本部の拠点を山手線の内側に置くことは、私たちにとって、とてもエキサイティングなニュースでした。

私たちは、この地でさらなる発展をし、東京を中心に東日本のお客様とより密な関係を構築していきたいと思います。今回は、私たちの新たなる挑戦が始まる三田の風景を紹介させていただきます。

DELL広域営業統括本部が東京・三田を新たなる拠点に選んだ4つの理由

オフィスは、第一京浜と呼ばれる国道15号線に面しており、洒落た色合いのビルディングです。なぜ私たちがこの地を本拠地にしたかったのか、4つの理由があります。

DELL JAPAN

1.チャレンジが生まれてきた土地「江戸府」の内側であること

私たちの三田オフィスから品川方面に少し下ると、道路をふさぐように昔の門の跡が今も残っています。「高輪大木戸跡(たかなわおおきどあと)」です。江戸時代は、ここが江戸府内の入り口で関所でした。夜間は、厳重に閉じられていたようです。この第一京浜こそ東海道そのものです。江戸の玄関口として賑わい、大名通過数は他の街道を圧倒する数だったようです。明治維新に活躍した志士たちも、必ずこの大木戸を通過しているはずです。どんな気持ちで通り過ぎたのでしょうか?

DELL JAPAN

また、幕末に伊能忠敬は、日本全国を測量して周り『大日本沿海輿地全図』を完成させ、私たちの国土の姿を明らかにしました。その、伊能忠敬はここを全国測量の基点としたとされています。伊能忠敬がこの地に立った日の気持ちと私たちの今の気持ちは同じです。このポイントから日本全国津々浦々に展開していくという強い野心です。江戸府の内側に入ることで、私たちも新たな第一歩を踏み出したかったのです。

2.自然豊かで、気軽にリフレッシュできる土地であること

東京都内なので限界はありますが、やはり緑が目に飛び込んでくるオフィスが望ましいと思っていました。三田オフィスの裏には、庭園と緑豊かな崖状のエリアがあります。調べてみますと、昔は海がこの国道15号のところまで来ていたそうで、崖下から海岸線であったようです。その面影が今でも残っています。緑だけではなく、会社の裏は、東京都内で芝桜を見ることができる穴場スポットです。

DELL JAPAN

以下のような「シバザクラ生育養成中」という看板が出ていました。時期が違うので芝桜は咲いていませんが、周囲の住民の方たちからとても大切にされているものです。

DELL JAPAN

芝桜は4~5月ごろに咲きます。桜は満開から1週間ほどで散り始めますが、芝桜は2週間から1ヶ月と見頃が長いのが特徴です。来年は、大勢の仲間とここで楽しく盛り上がっていることと思います。オフィスのあるビルの中からも鮮やかに見ることができます。

住友不動産三田ツインビル西館提供

そして、オフィス裏の崖上に上がると、昔ながらの東京の住宅地が広がっています。とても坂が多く、典型的な東京の山手の雰囲気を残しています。特に、神社やお寺などがとても多く、京都や奈良に来ているような気分が味わえます。

「幽霊坂」と呼ばれる坂もあるのですが、両サイドに寺院が多く並ぶことが由来のようです。

DELL JAPAN

また歴史上有名な方の墓所も多く、会社のすぐ裏手には福島正則のお墓があります。大河ドラマや映画では、豪快な戦国武将で憎めないところもある愛らしいキャラクターで登場しますが、人生はとても波乱万丈だったと思います。しかし、秀吉の天下取りとともに一気に駆け上がったサクセスストーリーの持ち主でもあります。今、この地でゆっくり休んでくれると思うと、なぜか親しみがわいてきます。

この辺りは、公園が多い場所でもあります。気持ちの良い日は、お昼ご飯を持参し、公園で食べたりします。また、本を読んだり、少し考えごとをしたりするのにも最適です。都会の喧騒の中に静寂感があります。このエリアに、私がとても気に入っている場所があります。それは、三田台公園にあるビオトープです。

DELL JAPAN

ビオトープとは、自然の生物空間をそのまま残し、生物を群生させる場所です。耳を澄ましてみると、ガサガサと様々な虫が活動している音と葉擦れの音が聞こえてきて、とても心が安らぎます。さらに、この丘陵地帯には、竪穴式住居跡も多く発見されていて、昔から多くの人が住んでいた痕跡があります。崖の上に立つ竪穴式住居は、東京湾を一望していたと思います。今でいう、ベイサイドのプレミアムペントハウスであったのではないでしょうか。この丘の上に立つと、心地よい風が流れていて、昔より人が住むのに快適な土地だったということがわかります。

豊かな自然に囲まれ、日々の仕事でふと疲れた時に、社員がリフレッシュできる環境がある三田はとても魅力的でした。

DELL JAPAN

3.社員の学びなおしにも最適。アカデミックな雰囲気をもつ街

私たちの組織は、「ラーニングオーガニゼーション」を標榜しています。メンバー全員がスキルアップして、個人の成長と会社の成長をシンクロさせるということが部門の大目標です。この時に、全ての力が最大限になると考えています。そのため、社員には勉強することを徹底的に奨励しています。基本社内で行うことですが、三田オフィスを構えることにより、東京の大学や教育関連施設がとても近くなります。今後は、社外の朝活や夕方のイブニングスクールなどに通うことが容易になります。また、やはり三田と言えば慶應義塾大学の本拠地です。慶應義塾大学にも様々な公開講座が開催されており、私もたまに覗きに行きます。

DELL JAPAN
東京発フリー写真素材集(http://www.shihei.com/free01/daigaku03.html)より

また、三田オフィスには、セミナールームがあります。そのため、私たちがさまざまな朝活や夕活を開催する計画です。例えば、最近気になる、若手社員のマネジメントの組織管理について見識のある大学の先生をお呼びして、朝1時間ほど話を聞く講座を設定するとか、夕方から夜にかけては、お客様に私たちの検証ルームに来ていただき、打ち合わせをして、仕様を詰めたりすることもできます。都心にオフィスを構えると、このようにお客様とのアクセスの距離が近くなりますので、いろいろお役に立てることが多くなると確信しています。

4.昔ながらの赤提灯の酒場とスタイリッシュなエリア

DELL JAPAN

最寄り駅の田町の周辺には、今では東京都内でも少なくなってきた昔ながらの繁華街が広がっています。サラリーマン向け、特に元薩摩藩邸地跡にそびえ立つ日本を代表するコンピューター会社の社員、慶應義塾大学の学生などがまじりあって、一風変わった学園都市の様相を呈しています。昔からの美味しい店がそのまま残っていて、お店の人たちも和気あいあいとした雰囲気。会社員も大学生も、お互いに気配りしてとてもいい街です。今後は、飲み会が増えてしまいそうですが、幕末の志士もコンピューター開発エンジニアも、慶應義塾出身の起業家たちもこの地で、熱く語って未来を引き寄せたのではないかと思います。私たちも高い目標に向かって進んでいきたいと思います。

また近所には、麻布、六本木、ベイサイドがあり、出掛けるにも絶好のロケーションです。

このような街にオフィスを構えることで社員同士の交流が促進され、組織のコミュニケーションも活性化されることを期待しています。

DELL JAPAN

そんな私たちの愛する三田オフィスですが、積極的に人材を募集しております。7月に入社したての中途入社の新入社員も新しいオフィスで気合が入っています。三田オフィスで面接しますので、ぜひオフィスを見に来て頂ければと思います。

DELL JAPAN

採用情報、社員ブログをこちらにて公開しております。ご興味ありましたら、ご覧ください。

デル株式会社
執行役員 広域営業統括本部長 清水 博

DELL Japan
横河ヒューレット・パッカード入社後、日本ヒューレット・パッカードに約20年間在籍し、国内と海外(シンガポール、タイ、フランス、本社出向)においてセールス&マーケティング業務に携わり、アジア太平洋本部のダイレクターを歴任する。2015年、デルに入社。パートナーの立ち上げに関わるマーケティングを手がけた後、日本法人として全社のマーケティングを統括。現在、従業員100名から1000名までの大企業、中堅企業をターゲットにしたビジネス活動を統括している。アジア太平洋地区管理職でトップ1%のエクセレンスリーダーに選出される。早稲田大学、オクラホマ市大学でMBA(経営学修士)修了。