BLOG
2018年08月14日 19時16分 JST | 更新 2018年08月14日 19時16分 JST

もう一つの安全保障問題

解決策は何でしょうか?

一握りの億万長者とその仲間たちが北東アジアの安全保障危機をどのように解決しようとしているのかについて、私たちは最も歪曲した奇怪なおとぎ話を聞かされています。

私たちがずっと念頭においている安全保障の危機は、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の核兵器に対する懸念ですが、この懸念は、自分の核兵器を解体せずに数兆ドル規模の次世代核兵器開発計画を発表するような米国の露骨な核拡散防止条約の違反行為とは無関係のように扱われています。

しかし、2018年7月にソウルや東京にいた人々は、この地域の圧倒的な安全保障上の脅威が北朝鮮の攻撃や南シナ海の人工島建設ではないという事実を知っています。

私たちの経済と文化の基本的な前提を再考しなければならないような規模の安全保障上の脅威は、名前を付けることができず、対処や対応することもできません。また、戦闘機やミサイル防衛で止めることもできません。

この安全保障上の脅威により、東アジアで数百、数千人の命が犠牲になり、近いうちにその数値が数倍に増えようとも政治家やメディア、いわゆる「指導者」は、それが存在しないかのように装っています。

今年7月のソウルと東京の気温は前例がないほど高い状態が続きました。主に貧困層と労働者層を犠牲にし、不均衡的に病気を拡散させた今回の猛暑は、西日本地域で200人の犠牲者を発生させた前例のないレベルの洪水と一緒にやって来ました。それでも今回の韓国の異常気象は、他の多くの国の状況に比べてはマシなレベルでした。

報道機関のニュースは気象状況に関する興味深く珍しいエピソードに満ちていますが、これに対する分析はありません。ソウルで会う人々の間で交換された挨拶は、「最近、あまりにも暑い。なんでこんなに暑いのか?」であります。

ほぼ例外なく、メディアでは、このような危機が発生した原因や、私たちが受け入れた産業化社会との関係については全く説明していません。

しかし、多くの人々は、人命被害につながる猛暑の原因を知っており、また、洪水や砂漠化の理由と、それによって状況がさらに悪化することを知っています。

私たちはこのような醜い秘密を隠す一方で、若者たちに瞬間の快楽に浸漬するように奨励しています。人間と動物の労働を代替した石炭や石油に基づいている私たちの文明は、完全に失敗に終わり、根本的な変化が直ちに求められています。

私たちは急速に進行している気候変動の兆候を目撃しています。周りで起こっている砂漠化の拡散と大気の温暖化と海洋の死は、最終的に、私たちが依存している現代農業システムの崩壊が迫っていることを示しています。

電灯をつけ、コンピュータでメッセージを確認し、扇風機を使用するたびに、そのような行為が私たち自身の墓を掘っているという事実を知りたいとは思いません。

しかし、私たちの環境で発生しているようなことが炭素排出量と森林、土壌、水質の汚染や破壊に起因する結果であることを科学的研究から知ることができます。

このような状況は今後はるかに悪化することが予想され、したがって都市を完全に再構築し、エネルギー政策を最初からすべて再考しなければなりません。私たちは、貿易、経済成長と、すべての前提を再考する必要があります。

解決策は何でしょうか?

現在、死と破壊に直面しても、真剣な議論はほとんど行われていません。私たちが知っていることは、中途半端な「排出取引」または「部分的な太陽光発電」の提案が私たちを救うことだけです。

私たちが行動に出る前に、数千、数万に及ぶ無数の人々が死ななければならないのでしょうか? 危機が存在していることを認識する前に、基本的な食品の価格が3倍から4倍(または10倍〜20倍)に上がらなければならないのでしょうか? 私たちの子供たちが、私たちが彼らに隠してきた苦い将来の絶え間ない恐怖の中で生きなければならないのでしょうか?

おそらく、我々はトランプ政権が北朝鮮をもはや脅かさないことに感謝するでしょう。しかし、私たちの歴史の中で最大の脅威である「気候変動」という言葉は、マスコミと米国政府の政策議論の過程でなくなり、多くの国がこれに従っています。ワシントン当局が最優先順位を置いているのは、石炭や石油財閥の利益であり、私たちの文明の破壊のための病的な走行が始まっています。

私たちは戦時に相当する緊急経済体制と総動員令を採用する一方、最高レベルの勇敢で道徳的献身を通じて、全世界的次元での緊密な協力体系を構築する必要があります。

私が「戦時経済」と表現したのは、戦争の準備をしなければならないという意味ではなく、むしろその逆です。武器工場を閉鎖し、関連する専門知識を気候変動に対応できるように、完全に活用する必要があります。しかしながら、戦争への言及は、完全に不必要なものではありません。私たちを「石油中毒」にし、消費と浪費を指向する表面的な文化を奨励することにより、数十億ドルの収益を上げている既得権益層を相手にするこの戦いは、すべての段階で強大な道徳的勇気が必要な戦いです。

フランクリン・デラノ・ルーズベルト米大統領が1941年1月6日の一般教書演説で提示した「4つの自由」のビジョンに立ち返りましょう。その演説は1945年の国連憲章に基づいて設立されて以来遠ざかってしまったグローバル・システムへの転換に向けた動きの始まりでありました。

ルーズベルトは、すべての地球市民の次の「4つの自由」に対する保護を要求しました。

「言論の自由」、「信仰の自由」、「欠乏からの自由」、「恐怖からの自由」です。

ルーズベルトは、「4つの自由」に対して曖昧な態度を取っていません。

彼は次のように述べています。

「これから私たちは、次の4つの本質的な人間の自由に基づいて世界が創り出されるように努力します。

一つ目は、言論と表現の自由です。

二つ目は、すべての人が、世界各地でそれぞれの方法で神に仕えることができる信仰の自由です。

三つ目は、欠乏からの自由で、すべての地球市民に健康で平和な生活を確保できるようにする経済協力と相互理解を意味します。

四つ目は、恐怖からの自由で、世界的次元の軍備削減を介して世界中のどの国も隣国に物理的な攻撃を敢行する立場にならないようにすることを意味します。

気候変動との戦いは1940年代の反ファシズム闘争よりも大変で危険であるかもしれません。そのためには、さらに明確なビジョンと社会全般に大きな関心と、より多くの自己犠牲、努力および痛みを伴う決定をする必要があります。そのためには5番目の自由、すなわち「公害からの自由」が必要です。つまり、私たちのすべてが共有する貴重な地球の空気と水を汚染させる権利は誰にもありません。

アジアとアメリカの皆さんをはじめとする、すべての地球の貴重な市民の皆さんが迷わず行動に出ていただくようお願いいたします。