BLOG
2018年03月28日 09時44分 JST | 更新 2018年03月28日 09時52分 JST

新 iPad対応の「クレヨン」発表。純正アップルペンシルの半額ながら筆圧検出なし・iPad Pro非対応

学習と相性が良いペン対応が売りです。

ペンシル対応になった新 iPad にあわせて、Logitech が児童生徒向けのペンアクセサリ Logitech Crayon (クレヨン) を発表しました。

新 iPad で低遅延・高精度な手書きを実現しながら、価格は49ドル。純正 Apple Pencil の約半額です。

Other

アップルが発表した新しい iPad (2018年モデル、第6世代) は、高価な上位モデルの iPad Pro でしか使えなかった Apple Pencil 手書きに対応しつつ、安さで人気だった先代の iPad (2017) よりも安くなった製品。

アップルの教育市場向けの取り組みを伝えるイベントで発表されたことが示すように、新 iPad は教育機関が導入しやすい価格で、かつ学習と相性が良いペン対応が売りです。

しかしさすがに Apple Pencil は付属せず、別売り価格は特に値下げもない99ドル(一般向け価格)。キーノートプレゼンでペンシル対応を延々とアピールしたものの、セットで買ったら結局400ドル近くになるではないか、との指摘は免れません。

そこでアップルが、異例にもキーノートプレゼン中に発表した他社製品がこの Logitech Crayonです。

発表では詳細がなく、単に49ドルの価格だけが強調されたたため、もしかしたら従来の iPad Pro でも使えるのでは?との期待も集まりました。

Other

Logitech Crayon と Apple Pencil の違いは、

・子供が持ちやすいサイズと形状。平らで転がり落ちにくく、滑りにくい。

・バッテリーは iPadと同じくLightningケーブルを使って充電。

(アップルペンシルはLightning端子(プラグ)があり、電源がなくても iPadに挿して充電できる)

・バッテリー駆動時間は8時間。(ペンシルの12時間より短い)

・Lightning端子のラバーキャップは本体とつながっており、紛失しない (ペンシルは分離するので気を抜くと無くす)

・互換性には「9.7インチ iPad (2018)」のみ記載。

やはり、児童向けの安価なペンと iPad Pro の併用はできないようです。

更新: 実は使えるとの声も。メーカーに照会して確認しだい追記します 。

更新2:Logitechに確認したところ、クレヨンが対応するのは iPad (2018)のみ。筆圧検出なし。

また、ペンとしてはサブピクセルレベルの高精度と低遅延、傾き検出、パームリジェクション(手書きしながら画面に手をついても誤認識しない)を備える一方、Apple Pencil が備える筆圧検出は仕様にありません。

Logitech Crayon は、発表済みの米国では教育機関向け販売のみとされています。やはり新 iPad とあわせて導入する初等・中等教育市場向け製品のようです。

Other

(2018年3月28日「新 iPad対応の「クレヨン」発表。純正アップルペンシルの半額ながら筆圧検出なし・iPad Pro非対応」より転載)

【関連記事】