BLOG
2018年11月07日 19時00分 JST | 更新 2018年11月07日 19時00分 JST

箱型の作業スペース「STATION BOOTH」、試験サービス開始 東京駅・新宿駅・品川駅の3駅

電源や暖房から、USB充電や無料Wi-Fi、モニターといった設備が揃っています。

Engadget日本版

JR東日本は、駅の構内にブース型のシェアオフィス「STATION BOOTH」を展開します。まずは実証実験として、東京駅、新宿駅、品川駅の3駅に設置。11月28日~2019年2月20日まで試験サービスを展開します。ユーザー登録や予約受付は11月19日から。

「STATION BOOTH」は、公衆電話のような箱型の作業スペース。デスクやイス、電源や暖房から、USB充電や無料Wi-Fi、モニターといった設備を揃え、パソコンを使ったデスクワークであれば一通りこなせるような空間になっています。

ブースは1回15分または30分の予約制。ブースにはカギがかかるようになっており、QRコード認証で解錠して利用できます。

JR東日本は今後、2019年上期より「STATION WORK」ブランドで駅ナカ・駅チカのオフィスサービスを本格展開する予定。コワーキングスペースタイプや個室型の、より一般的なオフィスの展開も発表しています。

Engadget日本版

Engadget日本版

(2018年11月6日Engadget日本版「駅ナカにシェアオフィス、東京駅・新宿駅・品川駅で実証実験」より転載)