新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年02月16日 14時23分 JST | 更新 2020年03月01日 10時57分 JST

【新型コロナウイルス】隔離されて医学観察も異常のなかった男性、解除から10日後に発症 中国山東省

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確定患者と接触があったため、隔離された状態で医学観察を受けていた男性が、症状が出なかったため観察を解除されたものの、解除10日後に発症していたことが分かった。中国・山東省の地元衛生当局が発表した

photo by Cheng Min/Xinhua via Getty
イメージ画像

山東省日照市の衛生当局が発表した内容によると、発症したのは同市に住む42歳の男性。

発端は男性の親戚が新型コロナウイルスによる肺炎の確定患者となったこと。当局が調べたところ、男性が1月20日に家族とともにこの親戚と接触していたことがわかり、隔離のうえ医学観察となることが決まった。

男性は期間中に感染症の症状を見せず、検査の結果も陰性だったことから2月4日に隔離が解除された。しかし10日後の2月14日に咳や発熱を訴え、地元の病院を受診したところ、新型コロナウイルスによる感染症であることが確定。妻と2人の子どもも無症状感染者だった。

地元当局はこの家族と濃厚接触のあった人の検査と、隔離したうえでの医学観察を実施する方針。

新型コロナウイルスの潜伏期間については、WHO(世界保健機関)は1日から12.5日と推計していて、健康状態の観察も14日間を推奨している。

一方で、中国保健当局の専門家チームのトップを務める鍾南山(しょう・なんざん)医師は、潜伏期間が24日間に及ぶ例があったと言及。しかし、のちになってこのケースは1099例のうちの1つでしかなく「たった1つの例から、最長潜伏期間を決めるのはあまり科学的ではない」釈明している