65年間隠された、2人の女性の美しい愛。80代レズビアンカップルのカミングアウトを描いたストーリーがNetflixで配信

女性や同性愛者が、今よりもっと差別や暴力を受けてきた時代。2人は自分たちらしい生き方を模索し続けた

70年以上パートナーとして生きた女性カップルのラブストーリー、『シークレット・ラブ: 65年後のカミングアウト』が、Netflixで4月29日から配信される。

主人公のテリー・ドナヒューさんとパット・ヘンシェルさんは、1947年に出会い恋に落ちた。

ドナヒューさんは当時22歳で、アメリカの女子プロ野球リーグの選手。ヘンシェルさんは18歳だった。

同リーグは1992年の映画『プリティ・リーグ』のモデルにもなっている。しかし、プリティ・リーグでは語られなかったストーリーがある。性的マイノリティーの選手たちの物語だ。

1940年代、LGBTQの人たちに対する偏見や差別は、今よりさらにひどかった。レズビアンバーが摘発を受け、逮捕された人もいる。仕事を失い自殺した人もいる、とドキュメンタリーの中で語られる。

ドナヒューさんたちも、当時の空気を「40年代だもの」「用心しないと」と振り返る。

そしてふたりは60年以上、自分たちの関係を一切周りに明かさずに生きた。TIMEによると、家族や友人には親友やルームメートだと説明し、時にはいとこ同士だと名乗ったこともある。

愛する母に話したら「縁を切られたかも」という言葉が、LGBTQの人たちが感じてきた恐怖や孤独を伝える。

しかし年齢を重ねるにつれ、病気など様々な問題を抱えるようになったふたりは、80代になった時にカミングアウトすることにした。

ドナヒューさんの又甥で、このドキュメンタリー映画の監督でもあるクリス・ボランさんが、ドナヒューさんとヘンシェルさんがパートナー同士だと知ったのは2009年だった。

シカゴに住んでいたふたりを訪ねた時に、同性愛者だと告げられたとボランさんは振り返る

「お酒を飲んでくつろいでいる時に、ふたりが一緒に過ごしてきた人生を語り始めたんです。その時、このストーリーを伝えなきゃいけないと感じました。我々に話した後、ふたりがリビングで一緒に踊っている光景を今でも思い出します」

カミングアウトは、ふたりの心を自由にした。ドナヒューさんは「肩の荷がおりたと感じていた」とボランさんはTIMEに語る。

しかし「カミングアウトできた喜びも束の間、年を重ねた今だからこその困難が待ち受けてきた」とNetflixは伝える。

プロデューサーを務めたのは、人気テレビシリーズ「glee/グリー」など数々のヒット作を手がけてきたライアン・マーフィーさんだ。新型コロナの影響で中止になってしまったが、2020年SXSW映画祭への出品も決まっていた。

映画を撮ろうと思った動機を「ふたりのストーリーが美しかったからだけではない」とボランさんは語る

「私は、(映画などで)女性のストーリーが十分に取り上げられていないと感じています。さらに、この時代のレズビアンの女性たちのストーリーは、もっと語られていません」

女性そして同性愛者が、今よりもっと差別や暴力を受けてきた時代。その中で、大切な人との関係を隠しながら、自分たちらしい生き方を模索し続けたドナヒューさんとヘンシェルさん。

手を重ねあったふたりの、「悔いはない」「この人生が好き」という言葉に少し救われる。

・『シークレット・ラブ: 65年後のカミングアウト』は、Netflixで4月29日から配信

2020年、世界的に流行した新型コロナウイルスは、LGBTQコミュニティにも大きな影響を与えています。「東京レインボープライド」を始めとした各地のパレードはキャンセルや延期になり、仲間たちと会いに行っていた店も今や集まることができなくなりました。しかし、当事者やアライの発信は止まりません。場所はオンラインに移り、ライブ配信や新しい出会いが起きています。

「私たちはここにいる」――その声が消えることはありません。たとえ「いつもの場所」が無くなっても、SNSやビデオチャットでつながりあい、画面の向こうにいる相手に思いを馳せるはずです。私たちは、オンライン空間が虹色に染まるのを目にするでしょう。

「私たちはここにいる 2020」特集ページはこちら。

なんとなく受け入れてきた日常の中のできごと。本当はモヤモヤ、イライラしている…ということはありませんか?「お盆にパートナーの実家に帰る?帰らない?」「満員電車に乗ってまで出社する必要って?」「東京に住み続ける意味あるのかな?」今日の小さな気づきから、新しい明日が生まれるはず。日頃思っていたことを「#Rethinkしよう」で声に出してみませんか。