新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年04月02日 18時30分 JST | 更新 2020年04月02日 18時34分 JST

「布マスク2枚を全世帯に配布」と安倍首相 ⇒ 「現金を一律に配って」と反発する声

ゆきぽよさん「現金で困ってる人にあげた方がプラスになる」。岩田健太郎さん「政府がそんなことしてきたら不安が増すばかり」

Issei Kato / Reuters
2020年4月1日、参議院にマスク姿で答弁する安倍首相

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、国内全世帯を対象に再利用可能な「布マスク」を2枚ずつ配布するという政府のプランに、批判が集まっている。

 

■マスク2枚配布プランとは?

官邸公式サイトによると、安倍首相は4月1日の新型コロナウイルス感染症対策本部でマスク配布プランを明らかにした。

この会議で安倍首相は「全国で5000万余りの世帯全てを対象に、日本郵政の全住所配布のシステムを活用し、一住所あたり2枚ずつ配布することといたします。補正予算成立前にあっても、予備費の活用などにより、再来週以降、感染者数が多い都道府県から、順次、配布を開始する予定です」と述べた。

電機メーカーのシャープが生産を開始するなどマスクの国内製造の増産が進んでいる一方、急速な需要の拡大で店頭では品薄の状態が続いている。

対策本部での安倍首相の説明によると、3月中には全国の医療機関に1500万枚の医療用マスクを配布。4月の第2週には追加で1500万枚を配布する予定だ。高齢者施設、障害者施設、全国の小学校・中学校向けには布マスクを確保し、順次必要な枚数を配布する。

その上で、5月にかけて布マスクをさらに1億枚を確保するめどが立ったことから、4月の第2週に決定する緊急経済対策に、布マスクの買上げを盛り込み、全世帯に2枚ずつ配布することにしたという。

 

■反発する声が続出

1世帯につき2枚の配布では、枚数が足りなくなる家庭も多くなるとみられる。安倍首相も「世帯においては必ずしも十分な量ではなく、また、洗濯などの御不便をお掛けします」と述べていた。

また、布マスクの効果について疑問視する声も出ており、WHO(世界保健機関)も新型コロナウイルスに関して「綿やガーゼなどの布マスクは、どんな状況であれ勧めない」と文書で警告していた

安倍首相は近く緊急経済対策をまとめると宣言しているが4月1日の、参院決算委員会で現金給付について「国民全員に一律に行うのではない」と答弁していた。そのため、現金の一律給付を期待していた人々を中心に、マスク配布に激しく反発する声が出ている。

 

・モデルのゆきぽよさん

「その税金を現金で困ってる人にあげた方がプラスになる」

 

・神戸大学医学研究科感染症内科教授の岩田健太郎さん

「政府がそんなことしてきたら不安が増すばかり」

 

・無所属の衆院議員・山尾志桜里氏

「布マスク2枚はいただけない。この局面は一律現金給付でしょう」