NEWS
2019年06月11日 11時09分 JST

「ブラック企業のような精神論」阪急電鉄の中づり広告に批判殺到

「毎月50万円もらって毎日生き甲斐のない生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活か...?」

朝日新聞社
「上から目線」だと批判された阪急電鉄の中づり広告(同社提供)

「月収の基準ずれてる」 阪急電鉄の中づりに批判殺到

 阪急阪神ホールディングス(HD)は10日、月収に触れた阪急電鉄の中づり広告が、インターネット上で庶民感覚とずれているなどと批判されたため、撤去することを決めた。同社広報は「公共交通機関の広告として内容が不適切だった。今後は適切かどうかのチェックを強化する」と説明した。

 広告は、働く人を勇気づける言葉の企画として6月から始まり、阪急神戸線、宝塚線、京都線の一部の電車に掲示していた。全80種類のキャッチコピーの中に、「毎月50万円もらって毎日生き甲斐(がい)のない生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか。」というものがあった。この内容に対して、ツイッター上で「月収の基準がずれている」「(高級住宅地のある)阪急沿線の金銭感覚だ」などと批判が殺到したという。

 また、「私たちの目的は、お金を集めることじゃない。地球上で、いちばんたくさんのありがとうを集めることだ。」という広告に対しても、「ブラック企業のような精神論で不愉快」といった批判が寄せられた。

 キャッチコピーは、コンサルティング会社が出版した本の中から、同社と阪急が選んだという。(神山純一)

(朝日新聞デジタル 2019年06月10日 21時18分)

関連ニュース