新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年07月03日 11時03分 JST | 更新 2020年07月03日 14時25分 JST

アメリカで学生が「新型コロナパーティー」。最初に感染した人が賞金を獲得するルールだった

新型コロナ陽性者を意図的に招いてお互いに感染させようとしていた、と市の関係者が明らかに

新型コロナウイルスの感染が再び拡大し、危機感が強まるアメリカ。

マスク着用義務付けなど自治体が対策を強化する中、南部アラバマ州タスカルーサ市で敢えて感染するよう振る舞う「新型コロナウイルスパーティー」を学生が開いたことが明らかになった。

パーティーはウイルスに感染することを目的とし、最初に感染した人が賞金を獲得するルールだったという。

タスカルーサ市消防署長のランディ・スミス氏が6月30日、市議会への説明でこのパーティーについて語った

Facebook / Tuscaloosa City
ランディ・スミス氏

スミス氏らはここ数週間、学生や若者たちが、参加者が新型コロナウイルス陽性であることを知りながらパーティーを開いているということを耳にしていたという。

「最初は噂かと思っていました。しかし調査をした結果、医師だけではなく州も同じ情報を共有していることが確認できました」と、スミス氏は説明する。

企画した学生は「新型コロナパーティー」をゲームとして開き、新型コロナ陽性者を意図的に招いてお互いに感染させようとしていた、とタスカルーサ市議会議員のソーニャ・マッキンストリー氏はabcに語っている。

「彼らはお金を賭け、そして新型コロナウイルスに感染しようとしました。最初に感染した人がお金をもらうことになっていました。考えられられないような行為です」

タスカルーサ市にはアラバマ大学を含めていくつかの学校があるが、パーティーを企画した学生がどの学校に通っているかは明らかになっていない。

州のデータによると、アラバマでこれまでに3万9604人の感染が確認され、961人が亡くなっている。アメリカ全体での感染者は270万人を超えている。

アラバマ州は法律で、新型コロナウイルスに感染した場合に14日間の自主隔離を義務付けており、違反した場合は軽犯罪に問われて最大500ドル(約5万3000円)の罰金が科される

またタスカルーサ市は30日、公共の場ではマスクなどで顔を覆う条例を満場一致で可決した

パーティー参加者の中には、ウイルス拡散の目的を知らずに参加して、家族や友人を命の危険にさらしてしまった人もいるかもしれず、憤りを感じるとマッキンストリー氏は話している