WORLD
2019年03月10日 14時56分 JST | 更新 2019年03月12日 15時57分 JST

「子どもは僕が抱っこするから、しっかりノートを取りなさい」大学教授の心遣いに称賛の声

教授の抱っこが気に入ったのか、泣き出すこともなく、授業が終わった頃にはすっかり寝入っていたという。

学生の子どもを抱っこしながら授業を行った大学教授に、称賛の声が相次いでいる。

授業が行われたのはアメリカのアトランタにあるモアハウス大学

CNNBCCによると、3月1日、学生のウェイン・ヘイヤーさんが生後5カ月の娘・アサータちゃんを連れて数学の授業に出席した。

ヘイヤーさんはベビーシッターを見つけられず、やむなく子どもを連れてきたという。

授業を受け持っていたネイサン・アレクサンダー教授は、事情を聞くと自らアサータちゃんを抱っこすることを提案。「子どもは抱っこするから、しっかりノートを取ってくれよ」話したという

アサータちゃんを抱っこしながら授業を進める教授の姿を、クラスメートがTwitterに投稿。3月10日現在で8万回以上もリツイートされることになった。

Twitterのコメント欄には「これが真の解決法だ」とか「最高に尊敬する先生」などと、アレクサンダー教授を称賛するコメントが寄せられている。

アサータちゃんも教授の抱っこが気に入ったのか、泣き出すこともなく、授業が終わった頃にはすっかり寝入っていたという。

親も、子どもも、ひとりの人間。

100人いたら100通りの子育てがあり、正解はありません。

初めての子育てで不安。子どもの教育はどうしよう。

つい眉間にしわを寄せながら、慌ただしく世話してしまう。

そんな声もよく聞こえてきます。

親が安心して子育てできて、子どもの時間を大切にする地域や社会にーー。

ハッシュタグ #子どものじかん で、みなさんの声を聞かせてください。