ビジネスが作る未来
2020年06月23日 10時19分 JST

Apple開発者向け会議WWDC 2020【ポイント全まとめ】

独自プロセッサ「Appleシリコン」への移行などを発表。

Engadget 日本版

毎年6月恒例、Appleの開発者向け会議WWDC 2020が開催されました。日本時間の6月23日午前2時にはその基調講演が行われ次期OSなどが発表されています。具体的なハードウェアの発表こそ有りませんでしたが、Macの自社設計プロセッサ移行が明らかになるなど、ビッグなニュースも。ここでは注目のトピックスをまとめてお届けします。

アップル、Macの独自チップ移行を正式発表。初のARM版Macは年内

 

Engadget 日本版

開発者イベント WWDC20 のキーノートで、アップルが Mac コンピュータの自社設計プロセッサ移行を正式に発表しました。

かつての Mac は PowerPC で、2006年以降現在まではインテルのプロセッサで動いていますが、今後の新世代Macは iPhone や iPad、Apple Watch と同様、アップルが独自に開発したプロセッサで動くようになります。(つづき)

iOS 14正式発表。「Appライブラリ」やホーム画面にウィジェットなど新機能多数

Engadget 日本版
Engadget 日本版

アップルの開発者向けイベントWWDC20より。iPadOS 14が発表されました。注目はApple Pencilを利用するScribble機能。iPadアプリの任意のテキストフィールドに直接手書き入力をすれば、自動的にテキストに変換します。(つづき)

次期macOSは『Big Sur』に。基本画面やアイコンを再設計した「MacOS史上最大のリリース」

Engadget 日本版

アップルがオンラインで開催中の開発者会議、WWDC20にて。例年通り新バージョンOSが次々公開される中、macOSも次期バージョン『macOS Big Sur』が発表されました。(つづき)

Apple Watchの文字盤がシェア可能に。メールでの送信やWebからダウンロードも

Engadget 日本版

アップル開発者会議WWDC20より。次期システムソフトウェアwatchOS 7にて、Apple Watchのウォッチフェイス(文字盤)が共有可能となりました。(つづき)

Apple Watch関連記事:

Apple Watchに睡眠追跡機能が追加。睡眠の質をインテリジェントに分析

Apple Watchに手洗い時間タイマー機能。水の音と手の動き検知

 

AirPods Proが立体音響対応、7.1chやAtmosまで仮想サラウンド化。頭の動きに追従

Engadget 日本版

開発者イベント WWDC20 で、アップルが無線イヤホン AirPods Pro の新機能 Spatial Audio を発表しました。

5.1ch や 7.1chのサラウンドや、先進的なオブジェクトベースの立体音響 Dolby Atmos まで、プロセッシングで立体的に、複数のスピーカーを並べた映画館のように聞こえるようフィルタ処理する機能です。(つづき)

インストール不要で利用出来るApp Clips発表

Engadget 日本版

Appleがオンラインで開催した開発者会議WWDC20にて、iOS 14の新機能としてApp Clipsが発表されました。(つづき)

iPhoneが車のキーになるCarKey発表。シェアも簡単に、2021年のBMW車に搭載

Engadget 日本版

アップルが開催中の開発者会議、WWDC20より。iPhoneの新機能として、ウワサされていた“iPhoneが車のキーとして使える”CarKeyが発表されました。なお、解錠操作などは、Apple Watchでも可能とのこと。(つづき)