NEWS
2019年08月26日 13時06分 JST | 更新 2019年08月26日 13時14分 JST

浅間山(噴火警戒レベル2)活動は小康状態 広い範囲での降灰はなし

7日(水)や昨日のような非常に小規模な噴火の可能性は残るものの、周辺に影響を及ぼすような規模の噴火につながる兆候は見られない状況です。

ウェザーニュース

2019/08/26 10:18 ウェザーニュース

昨夜25日(日)19時28分に非常に小規模な噴火をした浅間山の活動は小康状態となっています。(噴火警戒レベルは2が継続)

今朝の浅間山は雲の隙間から見える山頂付近に目立った噴煙は確認できません。

降灰はほとんどなし

ウェザーニュース

昨日の噴火後から今朝にかけて、ウェザーニュース会員に降灰の有無を質問したところ、灰が降ったとの報告はありませんでした。

気象庁の発表でも山頂の東側約4km付近でごくわずかな降灰が確認されているだけで、今月7日(水)の噴火より規模は小さく、影響を及ぼすような規模の噴火ではなかったと考えられます。

低周波地震などは少ない状態で経過

26日(月)9時の段階で山体浅部を震源とする低周波地震や、やや高周波の地震は少ない状態で経過しています。

7日(水)や昨日のような非常に小規模な噴火の可能性は残るものの、周辺に影響を及ぼすような規模の噴火につながる兆候は見られない状況です。
>>最新の火山情報

【関連記事】