アート&カルチャー
2019年02月19日 12時21分 JST

『ベイビー・シャーク』を、あなたは知っているか? 世界の子供たちが夢中

さようならブンバボン。次のヒット幼児ソングはこれだ!

あなたは『ベイビー・シャーク』を知っているか?
もしあなたに乳幼児の子供がいるのにこの歌を知らなければ、世界のトレンドに少しだけ乗り遅れているかもしれない。

『ベイビー・シャーク』は、ここ数年世界中で大ブレイクしている幼児向けの童謡だ。今年に入り、ついにビルボードランキング32位まで登りつめた。

『ベイビー・シャーク』のYouTube動画

この歌は決して新しい曲ではない。
『ベイビー・シャーク』の起源は謎に包まれているが、ワシントン・ポストによると、アメリカでは20年以上前から保育園やサマーキャンプなどでよく歌われてきた曲だという。

大ヒットの背景

ブレイクのきっかけは、2016年から公開されているYoutube動画。韓国の知育ブランドPingfongが公開した『ベイビー・シャーク』のビデオは、これまでに20億回以上再生されている。キャッチーで耳に残るメロディーとシンプルな振り付けに、子供だけでなく大人も虜になってしまうのだ。

この人気はK-popスターによって東南アジアに広められ、その後SNSでこの歌に合わせて踊る「Baby Shark Challenge」が流行すると共に、2018年にアメリカにも人気が広まった、とNYタイムズは報じている。人気コメディアンのエレン・デジェネレスが番組でパロディを披露したり、歌手のCardi Bがツイートするなど、セレブの間でも話題になり、人気に拍車をかけた。

今では11カ国語に翻訳され100バージョン以上あるといい、もちろん日本語版も存在する。

『ベイビー・シャーク』日本語バージョン動画

すでに日本でも「Baby Shark Challenge」動画をSNSに投稿している人もおり、もうすぐ日本もベイビー・シャーク旋風がやってきそうだ。