WORLD
2020年06月07日 11時57分 JST

バンクシー「これは白人の問題だ」「ドアを蹴破るしかない」 燃える星条旗を描いた作品を公開

「もし白人が問題を解決しようとしないならば、誰かが上の階に行って、ドアを蹴破るしかないんだ」などと、比喩を用いながら自身の考えを公表した。

黒人男性のジョージ・フロイドさんが警察官に首を押さえつけられ亡くなった事件を発端に、アメリカで抗議活動が広がっている。

この問題に関連したとみられる作品を、イギリスの路上芸術家バンクシーが6月6日、自身のInstagramに投稿した。

作品では遺影とみられる人物の写真の横に置かれた蝋燭が、その上にある星条旗を燃やし始めている。バンクシーは作品の画像と共にメッセージも投稿し、「これは白人の問題だ」と訴えている。

 

バンクシーのメッセージ(全文)

この問題について最初は、私自身は黙って、黒人の声に耳を傾けるべきだと思っていた。

しかし、なぜ私はそうするのか? これは彼らの問題ではなく、私の問題なのに。

有色人種の人たちは、社会システムによってつまずいている。それは白人のシステムだ。

水道管が壊れ、アパートの低い階に住んでいる人たちが水浸しになっているようなものだ。欠陥のあるシステムが彼らの生活を苦難のあるものにしているが、それを直すのは彼らの仕事ではない。彼らには修理ができない、なぜなら、誰も彼らを上の階の部屋には入れてくれないからだ。

これは白人の問題だ。そして、もし白人が問題を解決しようとしないならば、誰かが上の階に行って、ドアを蹴破るしかないんだ。

 

バンクシーのこの投稿には、7日午前時点で190万以上もの「いいね」がついている。