WORLD
2020年11月24日 11時33分 JST | 更新 2020年11月25日 17時20分 JST

政権移行認めたトランプ大統領「訴訟で圧勝を信じている、それでも国益を考え...」。ツイートしたコメントは

バイデン氏への書簡で政権移行を始めると伝えたGSA長官。手続き遅れについて、トランプ氏からの圧力はなかったと説明した

アメリカ連邦政府・一般調達局(GSA)のエミリー・マーフィー長官は11月23日、大統領選挙の勝利が報じられたジョー・バイデン氏に書簡を送り、政権移行のプロセスを始めると伝えたことを明らかにした。

マーフィー長官は書簡の中で「これは法律と明らかになった事実に基づく、私自身の独立した決定であることをご理解ください。私の決定の内容やタイミングについて、ホワイトハウスやGSAを含めた行政機関の幹部から、直接的もしくは間接的な圧力を受けたことは決してありません」と説明している。  

ASSOCIATED PRESS
エミリー・マーフィーGSA長官

書簡が発表された後、トランプ氏はマーフィー氏に感謝を伝えるツイートを投稿。

「選挙結果をめぐる訴訟を続ける予定だが、国の利益のために政権移行は始める」と述べた。

 トランプ氏のツイート「GSAのエミリー・マーフィー氏の国への献身と忠誠に感謝したい。彼女はハラスメントや脅迫や嫌がらせを受けてきた。私は彼女や彼女の家族、またGSAの職員がそのようなことは起きて欲しくない。我々の訴訟は今後もしっかりと続いていく」

「我々は戦いを続ける。そして圧勝すると信じている。しかしそれでも、我々の国の利益を最善に考えて、エミリーと彼女のチームに、必要な手続きをすることを勧めた。そして、私のチームにも同じことを伝えた」 

Tasos Katopodis via Getty Images
11月21日に開かれたG20のオンライン会議に出席した翌日、ヴァージニア州のゴルフ場でゴルフをするトランプ大統領(11月22日撮影)

バイデン氏の選挙チームも、マーフィー氏の発表直後に声明を発表。「決定は、パンデミックのコントロールや、経済再生などを含め、国が直面している様々な問題に対応するために必要なステップだ」と述べた。

バイデン-ハリス政権移行チームのエグゼクティブ・ディレクターを務めるヨハネス・エイブラハム氏は、決定を「連邦機関の移行プロセスの正式な開始を、決定づける行政措置だ」と歓迎した。

そして「政権移行チームは今後、連邦機関の幹部たちとパンデミック対応を話し合い、国家安全保障について十分な説明を受け、政権機関を空洞化させようとするトランプ政権の努力について十分な理解を深めます」と今後の動きについて説明した。

今回の決定により、バイデン氏と彼のチームは、政権移行のために630万ドル(約6億5860万円)が利用できるようになる。

マーフィー氏は2017年にトランプ大統領にGSA長官に任命された。大統領選挙でのバイデン氏の勝利が報じられた後も、バイデン氏の勝利を確定せず、政権移行のプロセスを始めなかったため、トランプ氏からの圧力を受けているのではないかといった批判を受けていた。

しかし書簡の中で、マーフィー氏は圧力を受けたことはないと否定。今回政権移行を開始させた理由について「トランプ氏の訴訟の多くが敗訴していることや、いくつかの激戦州でのバイデン氏の勝利が決まったことで、バイデン氏を勝者と確定した」と、マーフィー氏は説明した。

同氏はまた、多くの脅しを受けていたことも明らかにしているが、それらの脅しは決定に影響を与えなかったとも述べた。

「連邦の調達や財産管理の向上に責任を持っている機関は、自身を憲法に基づく選挙のプロセスより上に置くべきではないと思っています」とマーフィー氏は説明している。

ハフポストUS版の記事を翻訳・編集しました。