ブリトニー・スピアーズ、流産を報告。「公表するのをもう少し待てば...」率直な思い明かす

4月に妊娠を公表したばかりだった。
ブリトニー・スピアーズさん(2018年・ビバリーヒルズ)
ブリトニー・スピアーズさん(2018年・ビバリーヒルズ)
via Associated Press

歌手のブリトニー・スピーアズさんは5月14日、流産したことを自身のInstagramで報告した。

4月に妊娠していることを公表したばかりだった。

ブリトニー・スピアーズさん(左)と婚約者のサム・アスガリさん(右)2019年
ブリトニー・スピアーズさん(左)と婚約者のサム・アスガリさん(右)2019年
via Associated Press

婚約者のサム・アスガリさんと連名で投稿された声明で、2人は「妊娠初期に、私たちの奇跡の赤ちゃんを失いました」「公表するのをもう少し待てばよかったかもしれない。でもこの素晴らしいニュースを報告したくて興奮しすぎてしまいました」と正直な気持ちを綴っている。

そして、今後も新しい家族を迎える努力を続けると加えた。

スピアーズさんは2021年11月に、約13年にわたって続いた後見人制度の解除が認められたばかり。同制度では、スピアーズさんの父親らが後見人として彼女の仕事や財産、子どもとの関係を管理していた。

この後見人制度の解除を求める裁判で、彼女は「妊娠を望んだ時に後見人に避妊具を外すために病院に連れて行ってほしいと頼んだが、拒まれた」と証言していた。

スピアーズさんは元夫ケヴィン・フェダーラインさんとの間に2人の子どもがいる。