NEWS
2020年01月16日 15時26分 JST

弘中惇一郎弁護士ら、カルロス・ゴーン被告の弁護人を辞任

主任の河津博史弁護士は当面、弁護人を続けるという。

朝日新聞社
昨年12月31日、カルロス・ゴーン被告の逃亡について、報道陣の取材に応じる弘中惇一郎弁護士=東京都千代田区、八角健太撮影

弘中氏ら、ゴーン被告の弁護人を辞任 主任弁護士は継続

 会社法違反(特別背任)などの罪に問われた日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)がレバノンに逃亡したことを受け、弁護団の弘中惇一郎弁護士と高野隆弁護士らが16日、前会長の弁護人を辞任した。主任の河津博史弁護士は当面、弁護人を続ける。

 弘中氏と高野氏は昨年2月に前会長の弁護人に就任。それ以前は前会長の保釈請求が2回退けられていたが、両氏の就任後の同3月、住居の出入り口に監視カメラを付けるなどの条件で初めて保釈が認められた。

 この日は、前会長の逃亡後初めてとなる公判前整理手続きが東京地裁であった。関係者によると、地裁は、前会長とともに金融商品取引法違反の罪で起訴された前代表取締役グレッグ・ケリー被告(63)と法人としての日産の公判を、前会長の公判と分離することを提示。前会長の今後の公判前整理手続き期日の取り消しも決めたという。

(朝日新聞デジタル 2020年01月16日 13時12分)

関連ニュース