NEWS
2019年04月06日 13時13分 JST

ニャンということでしょう。ネコが自分の名前を聞き分けることが判明(研究結果)

イヌと違ってネコはこれまで、人とのコミュニケーション能力について調査が進んでいなかった

Anna Usova via Getty Images
「呼んだ?」

ニャ、ニャンだって……。ネコが自分の名前を聞き分けることができると、最新の研究で明らかになった。

上智大学の齋藤慈子(さいとう・あつこ)准教授らの研究チームの論文が4月4日、イギリスの学術誌「サイエンティフィック・レポート」のオンライン版に掲載された

上智大学のプレスリリースによると、イヌと違ってネコはこれまで、人とのコミュニケーション能力について調査が進んでいなかった。

そこで、飼いネコが「自分の名前」と「一般名詞」、「同居ネコの名前」を区別しているかを調べた結果、飼い主だけでなく、見知らぬ人の音声でも、「自分の名前」が区別できることが明らかになった。

これまで人の音声内容を区別する能力があることが研究で明らかになっていたのは、イヌ、チンパンジー、イルカ、ヨウムだったが、新たにネコもこの輪に加わることになったという。

齋藤慈子准教授は、NHKニュースに「ネコがヒトとのコミュニケーション能力をどう獲得したのか、知る糸口になる」と話している。