チリ、同性婚法案を圧倒的賛成で可決する。「愛は愛だと認められた一歩」【画像】

法案が提出されてから4年。チリも結婚の平等を法制化する国に加わることになります
同性婚を認める法案が可決された後、LGBTQの権利擁護団体が上院議会議場で喜びを分かち合った(2021年12月7日)
同性婚を認める法案が可決された後、LGBTQの権利擁護団体が上院議会議場で喜びを分かち合った(2021年12月7日)
DEDVI MISSENE via Getty Images

チリの議会は12月7日、通称「同性婚」で知られる結婚の平等を認める法案を、賛成多数で可決した。

法案は上院で可決された後、すぐに下院でも可決。結果は82-20(2人が棄権)と賛成が圧倒的多数を占めた。

現大統領のセバスティアン・ピニェラ氏は、同性婚を支持しており、法案に署名すると考えられている。

法案可決を受け、LGBTQ人権団体のイザベル・アモーさんは「ものすごく感動しました。冷静さを保つのが難しかったです。とても長い戦いだった」とブエノスアイレスタイムズに喜びを語った。

また、カルラ・ルビラール社会開発相も「今日は歴史的な日です。私たちの国で、同性婚が認められました。公正、平等、愛は愛だということが認められた一歩です」と述べている

法案の可決を待つ人々
法案の可決を待つ人々
MARTIN BERNETTI via Getty Images

法案提出から4年での実現

チリでは、同性パートナーシップ制度にあたるシビルユニオンが2015年に法制化された。

しかし結婚と同等の制度ではなく、養子縁組など認められていない権利もあった。法案施行後は、同性カップルも養子縁組が可能になり、相続などのルールも整備される

4年前の2017年には、当時のミシェル・バチェレ大統領が同性婚を認める法案を議会に提出したが、可決に至らなかった。

しかし、その後に大統領に就任した保守派のピニェラ氏が2021年6月、同性婚の早急な可決を目指すと発表

ピニェラ氏は議会で「我々は、自由の価値観を深く浸透させる必要がある」と述べ、「その自由には愛する自由、愛する人と家族を築く自由です」「この自由と尊厳を保障する時が来ました。私たちの国に同性婚を認める時が来たのです」と訴えた。

チリが加われば、世界で31番目に

チリでは12月に大統領選が控えており、今回の法案で、左派連合の候補ガブリエル・ボリッチ氏は法案に賛成票を投じたが、右派のホセ・アントニオ・カスト氏は反対票を投じた。

しかしカスト氏は、議会が可決すれば署名する意向を示している

NPO法人「EMA日本」によると、同性婚はこれまでに30の国や地域で法制化されており、チリが加われば31番目となる。

中南米ではアルゼンチン、ブラジル、ウルグアイ、コロンビア、コスタリカや、メキシコの複数の州で婚姻の平等が認められている。

法案可決を喜ぶ人々(画像)

携帯を見ながら、法案可決を待つ
携帯を見ながら、法案可決を待つ
MARTIN BERNETTI via Getty Images
MARTIN BERNETTI via Getty Images
法案が可決された後の議場で喜ぶLGBTQ権利擁護団体のメンバーら
法案が可決された後の議場で喜ぶLGBTQ権利擁護団体のメンバーら
DEDVI MISSENE via Getty Images
MARTIN BERNETTI via Getty Images
Claudio Santana via Getty Images
MARTIN BERNETTI via Getty Images
レインボーの旗を振り、法案可決を祝った
レインボーの旗を振り、法案可決を祝った
Claudio Santana via Getty Images

Popular in the Community