はじめてのSDGS
2019年11月29日 16時26分 JST | 更新 2019年12月03日 13時53分 JST

「小泉大臣聞こえますか」若者たちが気候変動への対策を求めてマーチ

平日の日中にも関わらず、多くの人が東京でのグローバル気候マーチに参加した。

Yuko Funazaki / Huffpost Japan
東京でのグローバル気候マーチ

カラッと晴れた、11月最後の金曜日。
新宿に大勢の若者や市民が集まった。

世界中で約760万人が参加した9月のグローバル気候マーチから約2カ月。
12月に行われるCOP25(第25回国連気候変動枠組条約締約国会議)を前に、11月29日に再び世界中でグローバル気候マーチが行われている。

東京では、気候変動の危機を訴え政府に対策を求める若者や市民が、それぞれの思いを描いたプラカードを手に東京都庁周辺をマーチした。この運動は東京だけでなく、日本国内でも岩手から沖縄まで、20以上の都道府県で行われた。

Yuko Funazaki / Huffpost Japan
気候マーチでメッセージの書かれた横断幕を掲げる若者たち

 今回の日本でのマーチは主に3つの目標を掲げている。

1) ​気候変動を「危機」として認識するよう、行政や市民に広く呼びかける。
2) 気候正義の概念(気候変動の影響が社会的弱者により大きく影響している状況を変えること)を定着させること。
3) 政府や地方自治体に具体的な対策を求める。

東京でのマーチの主催団体Fridays For Future Tokyoは、9月に「気候非常事態宣言」を求める請願書を東京都に提出しており、11月29日13時から審議にかけられた。マーチはそれに合わせ、白昼の12時半にスタートした。

Yuko Funazaki / Huffpost Japan
グローバル気候マーチの様子

I say 地球!
You say 守ろう!
地球!守ろう!

といった大きな掛け声と共に新宿の都庁周辺をマーチし、請願書を審議中と思われる都議会議事堂前を通った際は「聞こえますかー?」と建物に向かって呼びかけた。

Yuko Funazaki / Huffpost Japan
東京都議会議事堂に呼びかけるマーチ参加者たち

平日の日中にも関わらず、多くの人が参加し、大学生などの若者はもちろん、インターナショナル・スクールに通うという高校生たちや、社会人や高齢者の姿も見られた。「一緒に地球を守ろう」など、参加者の多くは様々な思いをプラカードに託し、中には「石炭火力とめて地球へのおもてなし」「小泉大臣聞こえますか」などと書かれたメッセージも見られた。実際に、主催者は「#小泉大臣聞こえますか?」のハッシュタグを付けた気候変動やマーチについての一斉ツイートを参加者たちに呼びかけた。

View this post on Instagram

いよいよ明日!#fridaysforfuturekyoto がこんなにかっこいいのを作ってくれました! 最初のステップとしてまずはマーチに参加、そして#小泉大臣聞こえますか でSNSにどんどん投稿しよう!! Hi guys!! Tomorrow is our big day!!! Make sure to put #小泉大臣聞こえますか (translation;Koizumi env. Minister, can you hear us?) And post it on Twitter or other SNS with your awesome pic 👍👏 【マーチ詳細】 🌏日程:2019年11月29日 / Date : November 29th 🌏時間: 12:00集合 新宿中央公園(水の広場) 12:30マーチスタート 13:30流れ解散 / Time: 12:00 Gather at Shinjuku Central Park(Mizuno hiroba) 12:30Start marching 13:30 March dismissed 🌏場所:新宿中央公園(水の広場) / Place : Shinjuku Chuo Park(Mizuno hiroba) . 【3つの目的】 1️⃣東京都に気候非常事態宣言の発表を求めること 2️⃣COP25に向けて市民の気候変動問題への強い関心を示すこと 3️⃣大量消費を煽るBlack Fridayへ反対の意を示すこと . . #fridaysforfuture #gretathunberg #parentsforfuture #scientistsforfuture #fridaysforfuturetokyo #climatestrike #globalclimatestrike #グローバル気候マーチ #youthclimatestrike #youthclimatemarch #気候変動 #気候危機 #climatechange #climatecrisis #saveourplanet #saveouroceans #saveourearth#

A post shared by FridaysForFutureTokyo (@fridaysforfuturetokyo) on

主催団体Fridays For Futre Tokyoの設立メンバーの1人である井上寛人さん(大学生)は、小学校の時に絶滅危惧種について勉強したのをきっかけに環境に興味を持ったという。しかし、最近までアクションに移すことはなかったそうだ。

「興味はあったけど、行動を起こす勇気がありませんでした」

Yuko Funazaki / Huffpost Japan
Fridays For Future Tokyoの井上寛人さん

しかしその後、環境NGOで働き始め、FridaysForFutureのムーブメントを知り、東京支部の立ち上げから携わった。団体内やマーチで問題意識を共有する沢山の仲間と出会い嬉しいと語る一方、日本での気候変動の関心の低さを懸念する。

「学校では話題にならないし、自分の活動のことも『意識高いね』とか『頑張ってね』と言われます。まだまだ他人事と感じているんだな、と思います」

今回のマーチなどを通じて強い思いを大きな声に出すことで、政府はもちろん、一般の市民の関心も高めていきたいと話した。

【UPDATE 12/3】
都議会での請願の審議は「継続審査」となり、具体的な取り組みに向けた動きはなかった。

健康な地球で、みんなが平等に平和に生きる。

2030年に、それを実現するための目標がSDGs(持続可能な開発目標)です。
ハフポスト「はじめてのSDGs 」では、日本をはじめ世界中の問題や取り組みを紹介。

私たちに何ができるんだろう... みんなで一緒に考えてみませんか?