新型コロナウイルス(COVID-19)
2020年02月12日 10時55分 JST

ダイヤモンド・プリンセス号で新たに検疫官1人含む39人の感染が確認

これまでで、乗客乗員でウイルス検査をした延べ492人のうち、174人の感染が確認された。

朝日新聞社
横浜港沖に停泊中の大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号と、下船した人を運ぶ海上保安庁の船(右下)=2020年2月5日午前9時、朝日新聞社ヘリから、西畑志朗撮影

大型クルーズ船、新たに39人感染 検疫官1人も

 厚生労働省は12日、新型肺炎の集団発生が起きている大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号で、乗客乗員で新たに39人の感染が確認されたと発表した。また、船内で検疫にあたっていた検疫官1人の感染も確認された。これで、乗客乗員3700人余りでウイルス検査をした延べ492人のうち、174人の感染が確認された。

 加藤勝信厚労相は、このうち4人が重症となっていることを明らかにした。4人は60~70代の男性で、国籍は日本人3人、外国籍1人。人工呼吸器を装着したり、集中治療室に入ったりしている状態という。

(朝日新聞デジタル 2020年02月12日 09時57分)

関連ニュース