新型コロナで結婚式中止…の代わりに行われた、斬新なアイデアがすごかった。

この結婚式を、孫たちにも語り継ぐことになると思うと語るカップル。忘れられない1日になりました

アメリカ・テキサス州に住むリンジー・リーバートンさんとブリ・リーバートンさんのカップルは、春が来るのを待ち焦がれていた。ふたりは、4月に結婚式を挙げる予定だったのだ。

式は4月10日に、オースティンのダウンタウンにある由緒正しいホテル「ホテル・エラ」で、96人の身内を招いて開くことが決まっていた。

しかし、新型コロナウイルスが急速に拡大。都市は次々とロックダウンになった。

ふたりは慌てて新しい日程を決めようとしたが、ホテルや業者の日程が合わず、再調整はほとんど不可能だった。

日にちが迫る中で、状況はどんどん深刻になった。4月9日には、リーバートンさんたちの家族の1人が、新型コロナウイルスに感染したことがわかった。

ふたりは待ち望んでいたウェディングプランを諦める決断をした。

しかし、式を挙げることは諦めたくない。ブリさんとリンジーさんは、新たなプランを考えた。

そして思いついたのが、ユニークかつ伝統的で、しかもソーシャルディスタンスが取れる場所――オースティンのビューダにあるドライブインの映画館、「ドックス・ドライブイン・シアター」だった。

ブリさんは、ドックス・ドライブイン・シアターで結婚式を挙げるというアイディアを、ドックスを訪れた友人のInstagramストーリーから思いついたという。

ドックス・ドライブイン・シアターはパンデミックの最中でも、持ち帰りメニューを作るために営業を続けていた。

「ドックスは、このアイディアを聞いて、とても乗り気になってくれました。そこで私たちは17日間で、新しい結婚式を一から計画しました」とブリさんは話す。

ドックスドライブインシアターで、ゲストを迎えるカップル
ドックスドライブインシアターで、ゲストを迎えるカップル

「ホテル・エラで結婚式を挙げるという考えを一度頭から取り払って、新しい結婚式を計画し始めたら、全てがうまく収まりました」

「ドライブインシアターであれば、全てのゲストが参加でき、安全な車の中でから、私たちを祝ってくれることができますから」

結婚式のために、ふたりは古いジープスター・コマンドを借りた
結婚式のために、ふたりは古いジープスター・コマンドを借りた

式の前に映画も見られることもあり、ブリさんとリンジーさんの3人の子どもたちは特に、新プランを喜んだという(歯科助手のブリさんには以前の結婚で生まれた男の子が1人、資産管理サービスディレクターのリンジーさんには双子の娘がいる) 。

ブリさんとリンジーさんと、双子の娘たち
ブリさんとリンジーさんと、双子の娘たち

結婚式には、85台以上の車が集まった。ゲストは新婦たちが準備したテーブルからポップコーンやシャンパン、ソーダをとり、車中から式を楽しんだ。

スピーチをする両親や親友などは駐車場の最前列に車を止め、ブリさんとリンジーさんの子どもたち、そして特別なゲストは、ステージ横の椅子に座った。

訪れたゲストを迎えるふたり
訪れたゲストを迎えるふたり

式が始まると、ゲストたちは87.9FMラジオに合わせて音を聞いた。

自分たちの姿がゲストから見られるようブリさんとリンジーさんはステージに立ったが、式の様子は映画のスクリーンにもうつされた。

ステージの上でとり行われた結婚式を、ゲストはスクリーンでも見ることができた
ステージの上でとり行われた結婚式を、ゲストはスクリーンでも見ることができた

さらに参加できなかったゲストたちのために、FacebookやInstagramでも結婚式をライブ中継した。

Instagramで流された結婚式の様子
Instagramで流された結婚式の様子

ホテル・エラで予定していたような豪華さはなかったが、とても思い出深い結婚式になった。

「私たちが『誓います』と言うと、みんながクラクションを鳴らしたり、ライトを点滅させたりして祝ってくれました。牛の鈴の音さえ聞こえたような気がします」とブリさんは話す。

「私たちはファーストダンスを踊り、そして家族は私たちの子どもたちと一緒に、ホテル・エラで踊る予定だったダンスを踊りました」

カップルはダンスを踊り、リンジーさんがブリさんのために演奏した
カップルはダンスを踊り、リンジーさんがブリさんのために演奏した

式の後、ブリさんとリンジーさんは1972年製のジープスター・コマンドに乗って退場。その時に、予想外のハプニングが起きたとブリさんは話す。

「会場から出ようとしたのですが、方向感覚があまり良くないリンジーが、左に曲がるべきところを右に曲がってしまいました。そのため、私たちはUターンして、会場に戻らなければなりませんでした」

「会場に戻ったら、ちょうどゲストたちが帰ろうとするところで、みんなにさよならを言うことができたのです。結婚式で最も素晴らしい時間でした」

パンデミックの中で2人を祝福するために来てくれた友人や親戚と、ブリさんとリンジーさんは空中でハグを交わし、投げキスをして、身振りで「アイラブユー」と伝えた。

「これから先何年も、私たちはこの結婚式のことを話し続けると思います。きっと、孫たちにも語り継ぐことになるでしょうね」

ふたりにとって忘れられない日となった結婚式。幸せな1日を写真で見てみよう。

ハフポストUS版の記事を翻訳しました(翻訳:satoko yasuda )。

2020年、世界的に流行した新型コロナウイルスは、LGBTQコミュニティにも大きな影響を与えています。「東京レインボープライド」を始めとした各地のパレードはキャンセルや延期になり、仲間たちと会いに行っていた店も今や集まることができなくなりました。しかし、当事者やアライの発信は止まりません。場所はオンラインに移り、ライブ配信や新しい出会いが起きています。

「私たちはここにいる」――その声が消えることはありません。たとえ「いつもの場所」が無くなっても、SNSやビデオチャットでつながりあい、画面の向こうにいる相手に思いを馳せるはずです。私たちは、オンライン空間が虹色に染まるのを目にするでしょう。

「私たちはここにいる 2020」特集ページはこちら。