ベネディクト・カンバーバッチ、ウクライナ難民を自宅に受け入れると表明。「安定を与えたい」

イギリス人俳優のカンバーバッチ氏は、「私は毎日彼らの進捗を見守っているところです」と語っています。
ベネディクト・カンバーバッチ氏 2022年4月26日 イギリス・ロンドン
ベネディクト・カンバーバッチ氏 2022年4月26日 イギリス・ロンドン
Gareth Cattermole via Getty Images

イギリス人俳優のベネディクト・カンバーバッチ氏は4月29日、ロシアからの侵攻によりウクライナを逃れた一家を、自宅に受け入れる意向であることを発表した。

カンバーバッチ氏は、ロンドンで映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のプロモーション中で、「一家はウクライナから脱出しており、私は毎日彼らの進捗を見守っているところです」と述べた。

「残念なことに、現在彼らは治療を受けています。これ以上話すことは彼らのプライバシーの侵害になり、彼らがいつ来るのか、どのような過程を経て来たのかについて多くを語るのはプライバシーの侵害になります」と続けた。

「しかし、彼らは混乱を経験しており、我が家でいくらかの安定を与えてあげたいと思っています」

カンバーバッチ氏はさらに、慈善団体Refugees at Homeと協力し、イギリスを拠点とするウクライナ人たちに資金援助を行い、彼らの家族や親戚を同居できるように手助けをしているという。

カンバーバッチ氏が移民の自宅受け入れについて語っている動画⬇︎

国連によると、2月末にロシアが軍事侵攻を開始して以来、500万人以上のウクライナ人が国を離れており、第二次世界大戦以来、ヨーロッパで最大の難民危機となっている。

また、この戦争によりウクライナ国内でも700万人以上が避難を余儀なくされている。

ハフポストUS版の記事を翻訳・編集しました。

Popular in the Community