WORLD
2018年03月20日 12時11分 JST | 更新 2018年03月20日 13時19分 JST

『セックス・アンド・ザ・シティ』ミランダ役のシンシア・ニクソンがニューヨーク州知事選挑戦へ

「ニューヨークは全国で最も貧富の格差が大きい州だ。変化が必要だ」

Walter McBride via Getty Images
NEW YORK, NY - MAY 22: Cynthia Nixon on stage at the 2017 The Lilly Awards at Playwrights Horizons on May 22, 2017 in New York City. (Photo by Walter McBride/Getty Images)

シンシア・ニクソンがNY州知事選挑戦へ 米人気俳優

 米人気ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティー」に弁護士ミランダ役で出演した俳優シンシア・ニクソン氏(51)が19日、11月のニューヨーク州知事選に民主党から立候補を目指すと表明した。党の候補者を決める9月の予備選で、3選を目指す民主党現職のクオモ氏に挑戦する。

 ニクソン氏はこの日発表した動画で「ニューヨークは全国で最も貧富の格差が大きい州だ。変化が必要だ」と訴え、「庶民のことよりも(ニュースの)見出しや権力ばかりを気にする政治家にうんざりだ」とした。同氏の陣営はクオモ氏を中道と位置づけ、「汚職まみれ」などと激しく批判。ニクソン氏を進歩派の候補と主張している。

 民主党では2016年の大統領選予備選の際、中道路線のクリントン元上院議員と、草の根で支持を広げた進歩派のサンダース上院議員が激しく争った。ニクソン氏の表明前に行われたシエナ大学の世論調査では、民主党支持者の間では66%がクオモ氏を支持。ニクソン氏の支持は19%にとどまっているが、ニューヨーク州知事選の予備選も進歩派が中道派に攻勢をかける構図となりそうだ。(ニューヨーク=鵜飼啓)

(朝日新聞デジタル 2018年03月20日 10時56分)

関連ニュース