「どんな悲しい事があっても、みんなでクルリンッパ!」ダチョウ倶楽部の2人が上島竜兵さんを悼む【全文】

肥後克広さんと寺門ジモンさんは、ダチョウ倶楽部の解散を否定。2人体制で今後も存続させていくことに。
「ダチョウ倶楽部」のメンバー。左から寺門ジモンさん、肥後克広さん、上島竜兵さん(2019年9月10日撮影)
「ダチョウ倶楽部」のメンバー。左から寺門ジモンさん、肥後克広さん、上島竜兵さん(2019年9月10日撮影)
時事通信社

お笑いタレントの上島竜兵さんが5月11日に亡くなったことを受けて、「ダチョウ倶楽部」でトリオを組む肥後克広さんと寺門ジモンさんが追悼コメントを発表した。3人が所属する太田プロダクションの公式サイトに14日、掲載された

ダチョウ倶楽部の解散を否定し、2人で今後も存続させていくことを明らかにした。その上で、肥後さんは「どんな悲しい事があっても、みんなでクルリンッパ!」と上島さんの定番ギャグを交えてファンに呼びかけた。寺門さんは「ずっと忘れないよ!ずっと一緒だよ!」などと別れを惜しんだ。

「ダチョウ倶楽部」は1985年に結成。「聞いてないよ~」「くるりんぱ」などのギャグや熱湯風呂など、体を張ったリアクション芸で人気となった。

2人のコメント全文は以下の通り。

■肥後克広さんのコメント

全国のダチョウ倶楽部ファンの皆様、今回は、このような事になってしまい、申し訳ありませんでした。
仕事関係者の皆様申し訳ありませんでした。
何をやっても笑いを取る天才芸人上島が最後に誰も1ミリも笑えない、しくじりをしました。
でも、それが上島の芸風です。
皆で突っ込んで下さい。
『それ違うだろ!』
『ヘタクソ!』
『笑えないんだよっ!』
と地面も蹴って下さい。
上島は天国でジャンプします。
皆様もジャンプして下さい。
そして、上島の分、3倍笑って下さい。
皆にツッコまれる、それが上島の芸風です。
ダチョウ倶楽部は解散しません。
二人で、純烈のオーディションを受けます。
ヤーッ!
どんな悲しい事があっても、みんなでクルリンッパ!


■寺門ジモンさんのコメント

ダチョウ倶楽部上島竜兵を愛してくれた皆様本当に申し訳ありません
こんな形でのお別れです
僕は竜ちゃんと出会って40数年
苦しい時も楽しい時もいつもそばにいてくれました!!
本当にありがとう!!竜ちゃんがいたから僕はあります!
大好きなお酒を今も飲んでいるんじゃないかな?
これからもダチョウ2人のそばで見守ってください!
ずっと忘れないよ!ずっと一緒だよ!

■相談窓口の案内

生きるのがつらいと感じている人や、周りに悩んでいる方がいる人たちなどに向けて、以下のような相談窓口があります。

Popular in the Community