アートとカルチャー
2020年07月28日 16時17分 JST

2021年度後期のNHK朝ドラを発表。『カムカムエヴリバディ』は、史上初の祖母・母・娘の3世代が主役

オーディションを今夏に実施する。

Getty Images
イメージ画像
oriconnews

2021年後期朝ドラ発表 史上初の3人ヒロイン 今夏オーディション敢行

 

NHKは28日、2021年度後期連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(第105作)を制作することを発表した。ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母・母・娘、3世代ヒロインが織りなす、小さな奇跡に満ちた100年のファミリーストーリー。“朝ドラ”史上初となる3人のヒロインが紡いでいく。脚本は連続テレビ小説『ちりとてちん』を手掛けた藤本有紀氏がオリジナル脚本を書き下ろす。

【写真】その他の写真を見る


 また、ヒロインオーディションを今夏に実施することも明らかにした。冬頃、出演者を発表し、21年春頃クランクイン予定。制作統括の堀之内礼二郎氏は、「今、新型コロナウイルスの影響で、世の中が重い空気に包まれているように感じています。このドラマの企画を開発している間も、自分たちがやっていることは不要不急ではないのか、という問いと向き合いながら、それでも心を奮い立たせながら準備を進めてきました。大規模な出演者オーディションを行うことも、一時期はあきらめていました」と状況を説明。

 そして、オーディション実施を決めたことについて、「途中で、今こそやるべきなのではないか、と考えを改めました。活躍の機会が失われ、多くの若者の未来が閉ざされてしまっている状況の中、夢をみること、そしてチャレンジすることをあきらめないでほしいと願いました」と、真意を語っている。