70年の時を超えて再会。熱いハグを交わした2人に「涙が止まらない」

ネットユーザーの協力を得て、元兵士のマンさんが、日本で出会ったペギー・ヤマグチさんに再会できました。
マンさん(右)とペギーさん(左)が遂に再会を果たした
マンさん(右)とペギーさん(左)が遂に再会を果たした
Briann Mann

約70年前に結婚の約束を交わした日本人女性に再び会って、真実を伝えたいーー。

アメリカ・アイオワ州在住、91歳のデュエイン・マンさんが5月頭、Facebookにそんなメッセージを投稿した。その日本人「ペギー・ヤマグチさん」との思い出を細かく綴った内容は世界中でシェアされ、ニュースメディアにも多数取り上げられた。

SNSでそのニュースを知ったネットユーザーの巧みなオンラインリサーチにより、約10日後にはペギーさんと思われる女性が見つかった。ペギーさんは現在、当時の手紙で「結婚した」と綴られていた夫と共に、ミシガン州に住んでいることが分かった。

<これまでの経緯はこちらから>

当時のペギー・ヤマグチさん(左)とデュエイン・マンさん(右)
当時のペギー・ヤマグチさん(左)とデュエイン・マンさん(右)
Duane Mann

そこからマンさんやペギーさんの家族、そして地元ニュースクルーも加わり、2人の再会への旅が始まった。

マンさんの住むアイオワ州からミシガン州までは、車で1000キロ以上のドライブ。63歳の息子ブライアンさんが運転し、数日かけて向かった。

約70年の時を経て、ついに再会へ

そして6月1日。ミシガン州のホテルで、マンさんとペギーさんは約70年ぶりに再会を果たしたーー。

再会の一部始終は、5月にマンさんのペギーさん探しについて特集を放送したアイオワ州の地元テレビ局KETVに密着取材され、6月5日に放送された。

「ペギー、How are you?」

息子の隣に座って再会を待つペギーさんの前に現れ、声をかけるマンさん。

ペギーさんは「オーマイガッ」と驚きの表情で立ち上がり、2人は熱いハグを交わした。

すぐに昔を思い出したのか、ペギーさんは「ダンス、覚えてる?」と微笑みながらマンさんに語りかけた。

91歳の2人は、空白の約70年間が嘘だったかのように会話が弾んだようだ。

そして、マンさんが再会を熱望していた理由、ずっと伝えたかった「思い」を打ち明けた。

「僕が君を見捨てた、と君が思っているんじゃないかと、これまでずっと悔やんできたんだ。でも見捨てたんじゃないんだ。ただ君を見つけられなかっただけなんだ」

それに対しペギーさんは、「その思いや、覚えてくれていたこと、ずっと写真を持っていてくれたこと...私のことを愛していてくれたのね」と話し、彼の頬にキスをした。

70年間マンさんの心に重くのしかかっていた気持ちに、ついに終止符が打たれた。

ペギーさん(左)とマンさん(右)の再会の様子
ペギーさん(左)とマンさん(右)の再会の様子
Briann Mann

ペギーさんの写真を財布の中に、約70年間持ち続けていたというマンさん。

しかし、相手の事を思い続けていたのは、マンさんだけではなかったようだ。ペギーさんの思いは、財布の中の写真ではなく、同席したペギーさんの息子の名前にあった。彼のミドルネームは「デュエイン」。マンさんのファーストネームと同じだ。

この感動的な2人の再会ストーリーに、SNSでは「涙が止まらない」「ティッシュが必要」「なんていい話だ」など、温かいコメントが溢れた。

再会の旅から無事アイオワ州に戻ったマンさん。ハフポスト日本版のオンライン取材に対し、今の気持ちを伝えてくれた。

「彼女に、僕があの時に見捨てたわけではないと知ってもらえて、ずっと重くのしかかっていた胸のつかえが下りました。ペギーに再会できて最高でした」

マンさん(右)とペギーさん(左)
マンさん(右)とペギーさん(左)
Briann Mann

2人の再会を特集した、アイオワ州の地元テレビ局KETVによるニュース動画はこちらから。