WORLD
2019年05月14日 12時06分 JST

「ガスの臭いがする」大学から通報 原因は果物の王様「ドリアン」だった。

ドリアンはしっかりと封をされた袋に入れられ処理されたという。

naito8 via Getty Images
ドリアン イメージ写真

オーストラリアの大学図書館で強い異臭が発生、利用者全員が避難を強いられた。

原因は... 強い臭いで知られる果物「ドリアン」だった。

地元紙のキャンベラ・タイムズによると、5月10日にキャンベラ大学から救急隊に「強いガスの臭いがする」と通報があったという。

スタッフや学生は図書館から避難を強いられ、約550人の利用者が避難した。
消防隊が捜査を始めると、1時間以内に犯人が突き止められた。

大学図書館はFacebookで、

「営業を再開しました!ガスのような臭いは、全く安全なものです。誰かがゴミ箱にこっそりドリアンを捨てたようです!」

と更新した。


ドリアンはしっかりと封をされた袋に入れられ処理されたという。

騒動の後、キャンベラ大学の図書館はFacebookページのプロフィール写真を一時的に「ドリアン禁止」に変更し、笑いを誘った。


東南アジアを中心に人気のあるドリアンは強い臭いで有名で、シンガポールなどのホテルや公共交通機関では持ち込みが禁止されている。