瑛太、時代劇への熱い思いを熱弁。「ハリウッドを目指す考えはない」

時代劇で主演を務めたことにより、日本における時代劇のすばらしさを実感したという

瑛太
瑛太
時事通信社

瑛太、ハリウッド進出目指す考えなし 時代劇の良さ実感で「時代劇ができる俳優になりたい

俳優の瑛太が19日、都内で行われた、スカパー!オリジナル時代劇最新作『闇の歯車』初日舞台あいさつに出席。時代劇で主演を務めたことにより、日本における時代劇のすばらしさを実感し「僕は英語勉強をしてハリウッドを目指すとか、そういった考えはありません!」と"ハリウッド進出"しないと宣言した。

先月最終回を迎えた大河ドラマ『西郷どん』で好演をみせた瑛太は今回の時代劇のオファーのことを「『西郷どん』撮影中にいただいた時の話で、『また時代劇か』とモチベーションを保てるのかという自問自答がありました。監督と話をした時に、愛情の深さを感じて全身全霊をかけてやりたいなと思いました」と回顧。

そして、時代劇の良さに気づいたそうで「今の日本映画の時代劇は大きなガジェットとなり、大きな笑いやアクションが増えている。こういったサスペンス要素、アウトローな世界観が少なくなっている気がする。日本の中で映画俳優として携わる時に、日本人として誇りをもって時代劇をできる俳優になりたいと強くなりたいなと強く思いました」と熱弁。

「なので、僕は英語勉強をしてハリウッドを目指すとか、そういった考えはありません!」と宣言し「僕は日本人として時代劇を磨いて、みなさんとともに時代劇を楽しんでいけるエンターテインメントにしていけたらと思います」と意気込んだ。

同作は、江戸時代が舞台。とある謎めいた男の呼びかけで集まった4人の男が、現金強奪という犯罪に、一獲千金の夢を見た男たちの運命どう変わっていくのかが描かれる。犯罪という人間のダークサイドに切り込み、その息をもつかせぬ展開と結末が見どころで、『時代劇専門チャンネル』で2月9日に放送される。

舞台あいさつには、緒形直人と山下智彦監督も登壇した。

関連記事

ホームページへ