NEWS
2020年02月28日 10時09分 JST

沢尻エリカさん、Netflixのドラマに「本人役」で出演していた カットせず配信

蜷川実花さんが監督を務めたドラマ『FOLLOWERS』。1話に沢尻さんが登場するシーンが描かれています。

時事通信社
沢尻エリカさん

麻薬取締法違反の罪で懲役1年6カ月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡された沢尻エリカさんが、2月27日からNetflixで配信が始まったドラマに出演していたことがわかった。

「沢尻エリカ本人役」で出演

沢尻さんが出演していたのは、写真家の蜷川実花さんが監督を務めたドラマ『FOLLOWERS』。中谷美紀さんが人気写真家役として主演を務め、俳優を目指して上京する女性役を池田エライザさんが演じている。

2人の物語を中心に、女性の生き方を描いた作品だが、第1話に沢尻さんが「本人役」として登場するシーンがある。作品資料などによると、ドラマは2019年3月から7月にかけて撮影されたという。

沢尻さんと蜷川さんは過去に何度かタッグを組んでおり、2012年公開の映画『ヘルタースケルター』は、一時芸能活動を休止していた沢尻さんの5年ぶりの映画復帰作となった。同作での演技が高い評価を受け、以降、映画『新宿スワン』や時代劇ドラマ『大奥』などに出演。活躍の幅を広げていった。

蜷川さんの作品では、2019年9月に公開された映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』にもメインキャストとして出演していた。

 

自粛傾向もある中...ノーカットで公開

芸能人と薬物の問題をめぐっては、逮捕をきっかけに、テレビ局や映画配給会社が出演シーンを編集したり、作品を非公開にしたりするなど「自粛」する傾向がある。

3月にピエール瀧さんが麻薬取締法違反の疑いで逮捕された際には、電気グルーヴの音源や映像が全て販売・配信停止になり、出演作の自粛も相次いだ。

一方で、「社会的な抹殺」とも取れるような過度な対応には、依存症専門家や業界関係者から疑問の声も上がっている。配給会社の東映は、ピエール瀧さんが出演していた映画『麻雀放浪記2020』のノーカット公開に踏み切った

沢尻さんの出演作をめぐっては、収録分だったNHK大河ドラマをそのまま放送するよう求めるオンライン署名活動も立ち上がった

署名を呼びかけた「ギャンブル依存症問題を考える会」代表の田中紀子さんは、「沢尻さんが今後どのような道を選ぶかはわかりませんが、これまでの功績を“なかったこと”にしないというNetflixの判断は、依存症に苦しむ人にとっては後押しになる」と話す。

Netflixは、ピエール瀧さんが出演していたオリジナルドラマ『全裸監督』でも出演シーンをカットせずに配信。ネット上では驚きの声が上がり、反響を呼んだ。

沢尻さんの出演について、具体的な回答は得られなかったが、同社の広報担当者は「Netflixでは作品がどの国でつくられたものであっても、クリエイターがつくりたい意思を尊重し、作品を最大限サポートしています」としている。